ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

このブログについて

このブログは、主にゲームやパソコン、その他趣味に関する記事を掲載しています。ゲームはレトロゲームが中心ですが、最近はレトロゲームだけでなく、レトロな話題であれば何でも取り上げています。


どこまでをレトロゲームとするかは人それぞれだと思いますが、ここではPS2やWiiもレトロゲームとしました。

スポンサーリンク


ゲームごとの記事索引は以下の通りです。


ゲームレビューリスト 50音順
なぜ今レトロゲームなのか
最新のゲームでは無く、なぜレトロゲームを楽しむのか、その理由は様々で人によっても異なるため、一概には言えません。自分の場合は、「なぜ子供の頃にファミコンが欲しかったのか、なぜ購入に至ったのか」という疑問に対する答えとほぼ同じです。

ファミコンを購入した理由として、一つは任天堂から発売された「F1レース」をプレイしたいから、そしてもう一つ、「ゲームセンターのアーケードゲームでプレイしたゲームを、家でもプレイしたかったから」、この二つに尽きます。

特に後者の「アーケードゲームを家でも」というのは、テレビゲームが好きな自分にとっては夢の様な話でした。もちろん50回程度のプレイで元が取れるという、費用対効果の高さも子供にとっては有り難いことでした。

その後は風営法による規制もあり、アーケード→家庭用ゲーム機という動機付けの王道は徐々に減りましたが、ファミコンの世界的大ヒットにより家庭用ゲーム機は独自の進化を遂げ、同時に数多くの名作が生まれました。

昔:アーケードでプレイし面白いと感じたゲーム→家庭用ゲーム機で楽しむ。
今:かつて遊んだ家庭用ゲーム機の名作→バーチャルコンソールやゲームアーカイブス等で楽しむ。

プラットフォームが変わっただけで、「面白いと感じたゲームを今の身近な環境で楽しみたい」という動機付けの根本部分は同じなんでよすね。

更に深い部分について言及すると、個々のゲームを面白いと感じるか、あるいは面白くないと感じるかは、その人の趣味嗜好や過去の経験に基づいて判断されると思います。

例えば、全体的に評価が高い素晴らしいゲームだったとしても、全く同じようなゲームを過去に何度もプレイした経験のある人にとっては、余程のことが無い限り恐らく評価はさほど高くならないでしょうし、一般的な評価が低いゲームだったとしても、似たようなゲームを過去にプレイしたことが無く、かつその人の趣味嗜好にピタリと合致すれば、その人の評価は高いものになります。

人間は慣れる生き物なので、新しい刺激が無い限りは面白いと感じるのは難しいことです。
このため、過去に多くのゲームをプレイした経験がある人ほど、古いゲームの方が面白いと感じる事が多いのは必然、というのが自分の考えです(あまり遡り過ぎるのも良くありませんが)。

2016.12
使用している画像について
当ブログではレビューを目的としてゲーム画像を掲載しておりますが、画像の著作権や肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 当ブログは著作権の侵害を目的としたサイトではございませんので、もし掲載に問題がございましたら、お手数ですがお名前とご連絡先を明記のうえ、連絡用メールフォームよりご報告下さいますようお願い致します。確認がとれ次第、速やかに対応させて頂きます。宜しくお願い致します。

プライバシーポリシー

掲載されている広告について


Amazonアソシエイト
当ブログは、Amazonアソシエイトのアフィリエイトプログラムに参加しています。

Googleアドセンス
当ブログでは、Google AdSenseによる広告配信サービスを利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示することを目的とし、個人の情報を特定できない範囲でCookie を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、広告 - ポリシーと規約 - Googleを参照して下さい。


その他 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/93-ea9af16d