ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

ハイスコアガール6巻が遂に発売

2013年の暮れに5巻が発売され、アニメ化の話もあったハイスコアガールですが、著作権問題により出版停止。以後約2年半にわたり連載もストップしていましたが、和解が成立したことで連載も再開、ようやく7月25日に6巻が発売されました。

スポンサーリンク


即購入しさあ読もう!・・・どこまで進んだんだっけ?と言うかどんなストーリーだったっけ・・・
すっかり忘れてしまっていたのは自分です。
改めてここまでの流れを振り返ってみましょう。

人物相関図

まずは現時点での簡単な人物相関図。
ハイスコアガール相関図01

時代背景は1991年、主人公はゲーマーで小学6年生の矢口ハルオ(以下ハルオ)。

学校でゲームセンターの出入りを禁止されていた為、隣町の聖地「ゲームセンター マルミヤ」に足繁く通っていたハルオだが、そこでクラスメイトの女の子、大野晶(以下晶)が対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターII」で28連勝している場面に出くわす。

晶は成績優秀でしかもお嬢様、当時不良の溜まり場と毛嫌いされていたゲームセンターでは場違いな人物だった。
ゲームしか取り柄がないハルオは、自分の憩いの場を汚されたという思いもあって闘争心に火がつき、最後の50円を手に晶との対戦に挑む。しかし、勝つために戦法を選ばず、汚い手を連発したハルオに対し晶が激怒、台を蹴飛ばしたうえハルオを殴る。
これがハルオと晶の出会い。

登場するゲームの数々

ハイスコアガールでは、当時流行した数多くのアーケードゲームやコンシューマゲームが登場します。
()内は左から形態:販売元メーカー、登場シーン(店舗名は漫画内の登場名そのまま)
※は主要人物がプレイせず、回想シーンやラベルのみ登場するもの。文字のみの登場は省いています。

但し、以下のリストは旧版の内容であり、新たに発行されたハイスコアガールCONTINUEでは一部SNK作品は登場していない模様。旧版はある意味貴重なものとなりました。旧版の紙の本を所有している人は、プレミアがつかないとも限らないので、売ったり捨てたりせずに持っていた方が良いと思います。
20年くらい寝かせておけば、釣りキチ三平の最終巻のようにとんでも無いプレミア価格が付くかも。自分は引越しの時に捨ててしまい、物凄く後悔しました・・・。それ以来、雑誌以外の本を捨てるのはやめました。


1巻で登場するゲーム機及びゲームソフト一覧

・PCエンジン
※PCエンジンGT
※PCエンジンCD-ROM

・ストリートファイターII(アーケード:カプコン、ゲームセンターマルミヤ他)
・超脱衣麻雀(アーケード:恐らく作者オリジナル?、場所不明)
・ファイナルファイト(アーケード:カプコン、駄菓子屋ゲーセン)
※魔界村(アーケード:カプコン、駄菓子屋ゲーセン)
・ストリートファイター(アーケード:カプコン、ゲームセンターがしゃどくろ)
※平安京エイリアン(アーケード:村田製作所、ゲームセンターがしゃどくろ)
※クレイジー・クライマー(アーケード:日本物産、ゲームセンターがしゃどくろ)
※プーヤン(アーケード:コナミ、ゲームセンターがしゃどくろ)
※エレベーターアクション(アーケード:タイトー、ゲームセンターがしゃどくろ)
・スペースハリアー(アーケード:セガ、ゲームセンターがしゃどくろ)
※ゴールデンアックス(アーケード:セガ、御花園)
※キャメルトライ(アーケード:タイトー、御花園)
※ダライアスII(アーケード:タイトー、御花園)
・スペースガン(アーケード:タイトー、御花園)

・カトちゃんケンちゃん(PCエンジン:ハドソン、プール)
・THE 功夫(PCエンジン:ハドソン、ハルオの部屋)
※R-TYPE I(PCエンジン:アイレム、ハルオの部屋)
※妖怪道中記(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
※ビジランテ(PCエンジン:アイレム、ハルオの部屋)
※ワンダーモモ(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
※獣王記(PCエンジン:NECアベニュー、ハルオの部屋)
※PC原人(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
※スーパーダライアス(PCエンジン:NECアベニュー)
※奇々怪界(PCエンジン:タイトー、ハルオの部屋)
※源平討魔伝(PCエンジン;ナムコ、ハルオの部屋)
※スプラッターハウス(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
・桃太郎活劇(PCエンジン:ハドソン、ハルオの部屋)


2巻で登場するゲーム機及びゲームソフト一覧

・PCエンジン
・PCエンジンGT
・スーパーファミコン
・ゲームボーイ
※ネオジオ

・龍虎の拳(アーケード:SNK、冒頭紹介・戸塚商店)
※ダークエッジ(アーケード:セガ、冒頭紹介)
・餓狼伝説スペシャル(アーケード:SNK、日高商店)
・モータルコンバット(アーケード:ミッドウェイゲームズ、場所不明)
・ジュラシックパーク(アーケード:セガ、場所不明)
・ストリートファイターII(アーケード:カプコン、ゲームセンターマルミヤ)
※ストリートファイターII'(アーケード:カプコン)
※ストリートファイターII' TURBO(アーケード:カプコン)
・スーパーストリートファイターII X(アーケード:カプコン、場所不明)
・ファイナルファイト(アーケード:カプコン、ゲームセンターマルミヤ)
・バーチャファイター(アーケード:セガ)
・SAMURAI SPIRITS(アーケード:SNK)
※サイバリオン(アーケード:タイトー、屋台)
※ファンタジーゾーン(アーケード:セガ、屋台)
・オペレーションウルフ(アーケード:タイトー、屋台)
・デスブレイド(アーケード:データイースト、屋台)
・テトリス(アーケード:セガ、屋台)

・ジャンケンマン フィーバー(メダルゲーム:サンワイズ、クロガネヤ)

※ぷよぷよ(MSX2:コンパイル、冒頭紹介)
※餓狼伝説2(ネオジオ:SNK、冒頭紹介)
※SAMURAI SPIRITS(ネオジオ:SNK、冒頭紹介)
・ストリートファイターIIダッシュ(PCエンジン:カプコン、教室)
※スウィートホーム(ファミコン:カプコン、日高商店前)
※セプテントリオン(スーパーファミコン:ヒューマン、日高商店前)
※弟切草(スーパーファミコン:チュンソフト、日高商店前)
※モータルコンバット(スーパーファミコン:ミッドウェイゲームズ)
・源平討魔伝(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
※地獄めぐり(PCエンジン:タイトー、ハルオの部屋)
※改造町人シュビビンマン(PCエンジン:メサイヤ、ハルオの部屋)
・超絶倫人ベラボーマン(PCエンジン:ナムコ、ハルオの部屋)
・死霊戦線(PCエンジン:ビクター音楽産業、ハルオの部屋)
・トイレキッズ(PCエンジン:メディアリング、ハルオの部屋)
・THE 功夫(PCエンジン:ハドソン、ハルオの部屋)
・ストリートファイターIIターボ(スーパーファミコン:カプコン、ハルオの部屋)

3巻で登場するゲーム機及びゲームソフト一覧

・スーパーファミコン
・PCエンジン
・ファミコン

※ファイターズヒストリーダイナマイト(アーケード:データイースト、体育館)
※ワールドヒーローズ2JET(アーケード:ADK、体育館)
※パーフェクト・ソルジャーズ(アーケード:アイレム、体育館)
※大江戸ファイト(アーケード:カネコ、体育館)
・パロディウスだ! ~神話からお笑いへ~(アーケード:コナミ、土産店「嗚咽」)
※タントアール(アーケード:セガ、神田屋?)
・イチダントアール(アーケード:セガ、神田屋?)
※オーダイン(アーケード:ナムコ、神田屋?)
※富士山バスター(アーケード:カネコ、神田屋?)
・スーパーストリートファイターII X(アーケード:カプコン、大阪大会会場)
※ヴァンパイア The Night Warriors(アーケード:カプコン、川崎市のどこか)
・バーチャファイター(アーケード:セガ、場所不明)
※バーチャファイター2(アーケード:セガ、場所不明)

・ワニワニパニック(エレメカ:ナムコ、土産店「嗚咽」)
・功夫老師(エレメカ:ナムコ、土産店「嗚咽」)
・リアルパンチャー(パンチングゲーム:タイトー、川崎市のどこか)
・ミニドライブ(エレメカ:KASCO、川崎市のどこか)
・るすばんやぎさん(エレメカ:カトウ製作所、川崎市のどこか)
・カプセルゴルフ(エレメカ:ナムコ、川崎市のどこか)

・ファイナルファイト(スーパーファミコン:カプコン、小春の部屋)
・カラテカ(ファミコン:ソフトプロ、ハルオの部屋)


表示する



6巻で登場するゲーム機及びゲームソフト一覧


・プレイステーション
・スーパーファミコン
※ツインファミコン

・真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変(アーケード:SNK)
・THE KING OF FIGHTERS '95(アーケード:SNK)
・ヴァンパイア ハンター Darkstalkers' Revenge(アーケード:カプコン)
・首領蜂(アーケード:アトラス)
※バーチャコップ2(アーケード:セガ)
※スポーツフィッシング2(アーケード:セガ)
・美少女雀士プリティセーラー18禁(アーケード:日本物産)
・ソウルエッジ(アーケード:ナムコ、AOU)
※2度あることはサンドア~ル(アーケード:セガ、AOU)

・ときめきメモリアル~forever with you~(プレイステーション:セガ、ハルオの部屋)
・RPGツクール SUPER DANTE(スーパーファミコン:エンターブレイン、じいやの部屋)
※ジーコサッカー(スーパーファミコン:エレクトロニック・アーツ)



これまでの展開と6巻のみどころ

1巻のラストでは、晶が親の都合でアメリカへ。
2巻ではハルオが中学に進学し小春と出会いますが、晶が帰国。
3巻では再び晶と接近するも、第一志望の晶と同じ高校は受からず、第二志望の高校へ進学。
4巻では小春がハルオに告白し、勝負に勝ったら付き合うことを要求。
5巻の最後はハルオが遂に決心し、いよいよ勝負、というところで終わりました。

これを受けての6巻ですが、

今回の見どころは、
・ハルオと小春の勝負の行方
・妹思いの真の行動
・家庭教師の萌美の歩み寄り


この先も暫く三角関係が続くことは想像に難くありませんが、3人ともそれなりの年齢になってからは初めての恋愛と思われるので、晶とハルオが成就するも最終的には別れ、小春は幼馴染のような関係でハルオと付かず離れずの腐れ縁でいつしかハルオとゴールイン・・・というのが無難な線のような気もします。


6巻では格闘ゲームの他に、「ときめきメモリアル」と「RPGツクール」が登場。

ときめきメモリアルは、当時流行った有名な恋愛シミュレーションゲームです。自分も興味津々でプレイしたかったゲームの一つだったんですが、その頃は既に今の嫁さんと付き合っていて、もしプレイしたら「気持ち悪い」と罵られたり、人格をとことん否定されるんじゃないかという何とも言えない後ろめたさがあったため、結局プレイ出来ずにいました。

しかし、ある日遊びに行ったらなんと、嫁さんが「ときめきメモリアル」のプレイ中。

えっ!?えー!?

その時の嫁さんの一言「ちょ、ちょっと社会勉強で・・・」

懐かしい思い出です。
まだガールズサイドが発売される前だったので当然男性向け(恐らくPLAY STATION版のときめきメモリアル ?forever with you?)をプレイしていたわけですが、女性にとっては男性向けだろうが女性向けだろうが、ゲームを通して擬似恋愛をし妄想することが楽しいのかもしれません。その後女性向けの恋愛シミュレーションゲームが市民権を得たのも納得がいきます。

但し、これは女性にだけ許される特権で、男が女性向けの恋愛ゲームをプレイした場合、違う意味にとられるのは間違い無いでしょう。

そう言えば「ときめきメモリアル」他たくさんの懐かしいゲームの解説本を持っていた気がして探してみたら、
ありました。
OLDGAMERS HISTORY vol.1
このシリーズの栄えある1作目で、つい先日Vol.10が出たばかり。
OLDGAMERS HISTORY vol.1は既にプレミア価格になっていました。好みにもよりますが当時ゲーマーだった人であれば間違いなく楽しめる本なので、ブックオフなどで安価で見つけたら今のうちにこっそりゲットしておいたほうがいいかもしれません。



ときめきメモリアル以外は名前を聞いたことがあるような無いような
ときメモ01

左側のページには「恋愛シミュレーションの歴史」と題され、元祖は「同級生」というゲームで、このジャンルの地位を大いに高めたのが「ときめきメモリアル」だと解説されています。なるほど。
ときメモ02


以前も書きましたが、自分はスト2など格闘ゲームが苦手だったので、当時の格闘ゲーム事情を良く知らないこともあり、ハイスコアガールでの詳しい描写はいつも新鮮に感じます。
もちろん今回のように全く異なるジャンルのゲームを登場させることは、程よい息抜きにもなり好印象でした。

そのうち信長の野望とかも・・・無いか。

スポンサーリンク

| トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/92-c810c98d