ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

劉備が連合盟主に

久し振りに三国志IXプレイの続きです。

~前回を振り返る~
軍師、竹中半兵衛を得た劉備軍は、袁術の攻撃をいとも簡単に退け、
念願の初勝利をあげる。
図に乗った劉備軍は袁術の土地を奪おうと寿春を攻撃。
しかし、城に辿り着く前に迎撃に遭い、無残にも敗走。

この戦いが兵力に致命的なダメージを与えてしまい、
袁術と曹操の連合軍によって、赤子の手を捻るがごとく本拠地を攻め落とされる。
ゲームオーバー

なお、前回インストールした限界突破ツールですが、
抜擢OFF設定にて抜擢システムが発動しない事を確認しましたので、
設定はあのやり方で良かったようです。

それでは懲りずに行ってみましょう

<4回目の出陣~その1~>
やはり竹中半兵衛の力は偉大で、隣の勢力である袁術軍の攻撃に対しては、
余裕で勝利できるようになりました
たまに攻められつつも順調に国力を増強、季節は流れ、4年が経過します
但し、人材はなかなか集まりません
そりゃそうです
小沛の土地にそんなに人材が埋まってるわけがありません
毎月探索したところで、たまにお金を見つけてきたり、
悪者をやっつけるイベントが出てお金を貰ったり。
それでもしつこく探索を指示し続ける君主劉備

武将たちは心の中でこう思ってるに違いありません
「もう居ないっつうの。探索しすぎて余裕で地図書けるわ。出張多すぎ。
 つかお前が出張しろ!」

今回は198年に大きな動きが。

198年の1月上旬、とあるニュースが舞い込んできました
天下に袁紹打倒の機運が満ちているとの事
打倒袁紹

袁紹軍は北部で既に巨大勢力となっており、これ以上大きくなられては困ります。
参加しない理由がありません。
すると!
何と言うことでしょう
劉備が連合盟主に選ばれました
劉備が連合盟主に

遂に劉備の名を世に知らしめる日が来たのです
思えば長い道のりでした
袁術には簡単に滅ぼされ、浅井長政を強引に仲間にし、
竹中半兵衛を軍師に迎え入れるも、図に乗ったあげくに袁術・曹操連合軍に滅ぼされ。

これには劉備、関羽、張飛が抱き合って涙した事でしょう
「あにじゃー!!ぐぉー!(涙)」

すっかり妄想の世界に入ってます

見てろよ袁紹!3ヶ月で木っ端微塵に撃滅してくれるわ!
アドレナリン出まくりです
しかし、袁紹は巨大勢力
しっかりとした作戦を立て、来たる日までに万全の体制を整えなければなりません

そう言えば、三国志演義では董卓を討伐するための連合軍の盟主は袁紹
その袁紹を打倒すべく結成された連合の盟主に劉備が選ばれるとは。
できれば今のうちに曹操を倒しておきたいところですが、そうも行きません。
思惑通りに進まないのが世の常です

少なくともハエのように煩い隣の袁術は暫く大人しくなることでしょう
ある意味チャンスです
袁紹討伐が終了するまでの間に、沢山の人材を劉備軍に取り入れることができれば、
その後の戦いも優位に運ぶ事ができます。

どうせなら袁紹が曹操を滅ぼすのを待ってから倒すか?
いや、それでは優秀な人材が袁紹に集まってしまう

そんな折り、2月下旬、劉備のもとに引っくり返るようなニュースが飛び込んできます
袁紹滅亡の知らせ

ん!?
「馬騰軍の活躍により、反袁紹連合は見事に袁紹軍を討ち滅ぼしました?」

「連合の盟主」などと言うのは名ばかりでした
馬騰が、連合盟主の劉備を差し置いて、勝手に袁紹を討ち破ってしまったのです
連絡は一切無し。
どうやら早い者勝ちだったようです
何してくれてんねん馬騰!
空気読めよ・・・

わずか2ヶ月足らずの盟主の座
張飛はヤケ酒で暴れたことでしょう
劉備は「自分はやっぱりダメな子なんだ」
と、奥に引きこもってしまいました

モチベーション急降下ですが、妄想の世界はひたすら次回(いつか)に続きます

スポンサーリンク


PC | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/77-24b8a721