ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

スカパーHD録画対応機器の比較-NAS

今回は、スカパーHD録画に対応しているNASについて比較してみます
※録画はLANを使用して行います

<NASの比較>
 NASとはNetwork Attached Storageの略で、
 直接ネットワークに接続するサーバー(HDD)の事です
 余程大きな容量ではない限りレコーダーよりは安価に入手できるので、
 BDやDVDに焼く習慣の無い方にはおすすめです

 レコーダーの場合は容量が足りなくなった場合、
 それなりの値段なのでもう一台買い足すのに躊躇しがちですが、
 NASであれば2万円から3万円で買えます(大容量は除く)

 IOデータ製の場合、以前は動作が不安定でムーブ先も限られていましたが、古い機種は既に動作も安定し、
 最近発売された機種は一部レコーダーやPCに接続した特定のHDDへのムーブも可能になっています
 (PCに接続した特定のHDDへのムーブには、専用HDDと専用カートリッジが必要)

・IOデータ製のNASについて

 IOデータはチューナーがハイビジョン録画に対応したのとほぼ同時期にNASを発売した、いわば先駆者です
 同時にNASを発売予定だったバッファローは対応が遅れてしまい、発売は翌年にずれ込みました

 先駆者だけあってIOデータ製のものは動作が安定しており、
 不具合が起こった場合のファームの対応も比較的早めです

 以下の表の通り、対応したIOデータ製のNASは、
 生産終了品も合わせて今までに9機種発売されています
IOデータ製のNASのラインナップ
※1 IO製NASからムーブ可能な機器は以下の通り
・IOデータ製のHVL-AVR、HVL-AVシリーズ、HVL1-Gシリーズ、HVL4-Gシリーズ、RHDM-US/EX(カートリッジ)が対応
・東芝製レコーダーのRD-X9、RD-X8、RD-S1004K、RD-S304K、RD-S503、RD-S303、
 RD-X10、RD-BZ800、RD-BZ700、RD-BR600の10機種が対応
・パナソニック製レコーダーのDMR-BWT3100、DMR-BWT2100、DMR-BWT1100、DMR-BW890、DMR-BW690の4機種が対応
このうちNASへムーブ可能なレコーダーは東芝製RD-X9、RD-S1004K、RD-S304Kの3機種のみ

※2 価格は現時点でのおおよその販売価格
※3 チューナーからLAN録画中に、LinkTheater等のDLNAクライアントから以前録画した番組を再生、ということが可能
※4 増設用HDDは「REC-iN」を使用
   なお、ムーブ先として指定可能なカートリッジRHDM-US/EXはiVDR-S(HDD)用であり、REC-iN用ではないので注意が必要

 録画専用機として使用するのであれば、既に動作の安定しているIOデータ製がおすすめです
 パソコンにDiXiM Digital TV plus for I-O DATA(無料)をインストールすれば、
 パソコンから視聴することも可能です。
  ※但し、Windows 7 Home Premium以上、またはWindows Vista SP2以降(Home Premium/Ultimate)で、
   ディスプレイがHDCPに対応していること他、それなりのスペックが必要になりますので、
   PCでの視聴を考えている場合は、条件を満たしているかどうか公式HPでしっかりと調べましょう

 ランナップの中でもフォルダー作成機能や録画済みデータのファイル名変更が可能な、
 RECBOXのHVL-AVRかHVL-AVシリーズが良いでしょう

 I-O DATA DTCP-IP対応 REC-iNスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX HVL-AVR

 I-O DATA DTCP-IP 対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」2.0TBモデル HVL-AV2.0

 I-O DATA DTCP-IP 対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」1.0TBモデル HVL-AV1.0

・バッファロー製のNAS

 バッファロー製NASは後発でありながら、既に沢山の機種が発売されています
 ラインナップはバラエティーに富んでいますが、現状では他の機器へのムーブに対応していません
 機能の豊富さを考えると、他の用途に使いたいNASです
 以下は、現存するバッファロー製NASの比較表です
バッファロー製のNASのラインナップ
昨年は残量メーターを搭載したLS-AVシリーズが発売されました
このシリーズは、値段もRECBOXとほぼ同等で手頃です

iTunesサーバーは、バッファロー製のNASであれば、ほとんどの製品に機能として付いてます
どんなものか簡単に書きますと、NASに音楽ファイルを入れておけば、
LAN内に接続されていて、かつiTunesがインストールされているパソコンであれば、
曲を共有できるという機能です
接続されるパソコンは5台までとなります

以上のように、録画やムーブに関して比較すると、現時点では使い勝手も含めてIOデータ製のNASの方が優れており、
その他の機能の豊富さはバッファロー製の方が上回っている、という状況です

バッファロー製は、録画以外の機能に優れているので、もしその部分を大幅に改善することができれば、
オールマイティーなNASとしてIOデータ製に肉薄してくる可能性もありますが、
録画用として購入する場合、他の機能はほとんど必要無い(他の用途に使いたくない)のも事実なので、
IOデータ製のように録画や再生、ムーブ機能だけに特化したものでなければ厳しいのではないでしょうか

理想としてはバッファローが録画やムーブに関する機能をIOデータ製並みに向上し、
その他の機能も付けた上で手頃な値段で販売、
というのが最高なんですけどね

バッファロー製が2ストリーム対応にすれば、誰かが録画済みデータを視聴中に、
他の誰かがiTunesで音楽を聴く、なんていう使い方もできるわけで

スポンサーリンク


スカパープレミアム関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/76-c344ce87