ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

FNSうたの春まつり2017 全ランキング

少し時間があったのでふとテレビをつけたら、やられました。

「うたの春まつり2017」と題して、投票により決められた「春の名曲100選」のランキングが、100位からカウントダウン形式で発表され、しかも1曲ごとの放送時間がそれなりに長く、カラオケ好きにはもうたまらない仕様。

ということで1位から100位まで全ランキング、どうぞ。
(と書きましたが、実はランキングとは全く関係ないようです。紛らわしいぞフジテレビ)

スポンサーリンク


放送順位
ランキングとは関係無いようなので、あえて「放送順位」としました。数字が大きいほど、早い時間に放送された曲です。
比較として、2014年にミュージックステーションで放送された「春の名曲ランキング」をカッコ内に掲載しました。

順番 アーティスト    曲名 


1(02) 松任谷由実         春よ来い
2(12) 嵐             サクラ咲ケ
3(48) 合唱曲           旅立ちの日に
4(--) 加山雄三/谷村新司     サライ
5(--) 中島みゆき         時代
6(--) 坂本冬美          夜桜お七
7(--) Alexandros         ワタリドリ
8(54) アンジェラ・アキ      手紙~拝啓 十五の君へ~
9(05) ケツメイシ         さくら
10(--) 南沙織          春の予感
11(15) SMAP           世界に一つだけの花
12(--) 乃木坂46         サヨナラの意味
13(--) 高橋優          明日はきっといい日になる
14(--) 南野陽子         はいからさんが通る
15(--) ORANGE RANGE       花
16(01) 森山直太朗        さくら(独唱)     
17(--) 川本真琴         桜            
18(23) YUI            CHE.R.RY        
19(13) 斉藤由貴         卒業          
20(--) 西野カナ         Best Friend
21(--) ゆず           友 -旅立ちの唄-
22(60) 川嶋あい         旅立ちの日に
23(58) TOKIO           花唄
24(--) Superfly         愛をこめて花束を
25(59) DREAMS COME TRUE     未来予想図Ⅱ
26(--) サザンオールスターズ   YaYa(あの時を忘れない)
27(--) Kiroro          未来へ
28(--) 三代目J Soul Brothers   風の中、歩き出す
29(08) 松田聖子         赤いスイートピー
30(--) 長渕剛          乾杯
31(33) 宇多田ヒカル       SAKURAドロップス
32(53) GReeeeN          キセキ
33(--) 中山美穂         色・ホワイトブレンド
34(47) H2O            想い出がいっぱい
35(--) 山口百恵         春風のいたずら
36(--) サザンオールスターズ   彩-Aja-
37(--) 尾崎亜美         マイ・ピュア・レディ
38(17) コブクロ         蕾
39(--) AKB48           365日の紙飛行機
40(--) 星野源          恋
41(03) 福山雅治         桜坂
42(40) 太田裕美         木綿のハンカチーフ
43(--) 嵐            ふるさと
44(--) DREAMS COME TRUE     晴れたらいいね
45(--) 宇多田ヒカル       花束を君に
46(28) ZARD           負けないで
47(30) aiko           桜の時
48(42) ゆず           栄光の架橋
49(--) My Little Lover      Hello,Again
50(18) 尾崎豊          卒業
51(--) 絢香×コブクロ      WINDING ROAD
52(--) 米米CLUB         浪漫飛行
53(25) 松たか子         明日、春が来たら
54(--) ウルフルズ        明日があるさ
55(--) 松浦亜弥         桃色片想い
56(--) 森高千里         この街
57(--) Mr.Children        旅立ちの唄
58(--) 木村カエラ        リルラ リルハ
59(19) スピッツ         春の歌
60(46) EXILE           道
61(--) miwa           春になったら
62(--) EPO            うふふふ
63(--) 徳永英明         夢を信じて
64(--) 石野真子         春ラララ
65(29) いきものがかり      YELL
66(--) 千昌夫          北国の春
67(07) 柏原芳恵         春なのに
68(--) 森進一          襟裳岬
69(27) AKB48           桜の花びらたち
70(21) キャンディーズ      微笑がえし
71(31) 矢野顕子         春咲小紅
72(45) 一青窈          ハナミズキ
73(--) 岡村孝子         夢をあきらめないで
74(37) 河口恭吾         桜
75(04) イルカ          なごり雪
76(--) シャ乱Q          上京物語
77(--) ハイ・ファイ・セット   翼を下さい
78(--) Kiroro          Best Friend
79(43) 菊池桃子         卒業 -GRADUATION-
80(09) 荒井由実         卒業写真
81(--) 坂本九          上を向いて歩こう
82(56) 槇原敬之         遠く遠く
83(24) 松田聖子         チェリーブラッサム
84(06) コブクロ         桜
85(--) 美空ひばり        リンゴ追分
86(--) Le Couple         ひだまりの詩
87(38) 中島美嘉         桜色舞うころ
88(--) キャンディーズ      春一番
89(--) 吉田拓郎         春だったね
90(36) SPEED           My Graduation
91(11) 海援隊          贈る言葉
92(--) 岡本真夜         TOMORROW
93(--) 森山良子         この広い野原いっぱい
94(20) スピッツ         チェリー
95(16) 山口百恵         いい日旅立ち
96(--) 村下孝蔵         初恋
97(41) おニャン子クラブ     じゃあね
98(--) 松田聖子         Rock'n Rouge
99(32) 大塚愛          さくらんぼ
100(57) チューリップ       心の旅

以下FNSでは取り上げられなかったものの、
ミュージックステーションではランキング上位の曲。
-(10) いきものがかり      SAKURA
-(14) レミオロメン       3月9日
-(22) Hysteric Blue       春 ~Spring~
-(26) GLAY           春を愛する人
-(34) Mr.Children        終わりなき旅
-(35) 松田聖子         制服
-(39) レミオロメン       Sakura
-(44) スピッツ         空も飛べるはず
-(49) いきものがかり      ありがとう
-(50) ユニコーン        すばらしい日々
-(51) ゆず           春風
-(52) AKB48          GIVE ME FIVE
-(55) FUNKY MONKEY BABYS    桜



春の曲といったら熊木杏里だろー
と思ったけどありませんでした。「春の風」と「春隣」、残念。

有名どころではHysteric Blueの「春 ~Spring~」、GLAYの「春を愛する人」も無し。
「元祖天才バカボンの春」が出て来ることに1ミリだけ期待しましたが、当然ながらランク外。

松任谷由実の「春よ来い」が無いのはちょっと、と思っていたら1位でした。

<以下追記>
ランキングでは無いことが後から判明。

選曲についての感想
個人的にはオリジナルのアーティストによるオリジナルの曲が聴きたい(見たい)ので、FNSが得意とするコラボやデュエット等を前面に押し出すFNS歌謡祭は、あまり好きではありません。

FNS歌謡祭の話はともかく、特に近年はお歳を召された方々が出演して当時の曲を歌うという番組構成が主流になってしまい、過去のVTRを見る機会が減ってしまいました。
そんな背景もあって、ある意味このような番組は貴重だと思います。

数年前の曲ならともかく、過去の古い曲は過去の映像で見たいんです。語弊があるので理由は書けません、察して下さい。

とは言っても、自分のような存在は恐らく少数派と思われるので、今後も期待できないかもしれませんね。

選択された楽曲についてですが、春休みという時期的なものもあり、サプライズ企画の内容からもかなり若い世代を意識した番組であることは想像に難くありません。
その辺は、嵐の「サクラ咲ケ」と合唱曲の「旅立ちの日(合唱曲)」を、終盤に持ってきたことからも窺い知ることができます。
特に「旅立ちの日(合唱曲)」は20代と30代の境界線ソングですから、若い世代をかなり意識していることが感じられます。

ただ、ターゲットが誰であろうと単純に楽しむことができれば良いわけで、あまり自分好みの選曲ではなかった番組をどう楽しむかというと、やはりランキングにイチャモン・・・異議を唱えていじるのが一番かと思います。

個人的に残念だったのは、ユニコーンとGLAYの曲が1曲も無かったこと。

ユニコーンは「大迷惑」が入ってもいいかなと思いましたが、ミュージックステーションのランキングでも入っていませんでした。サラリーマンの単身赴任についての悲哀が込められた曲ですから、春の異動の時期にはピタリとフィットするんですが。

やはり春=卒業のイメージが先行してしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

音楽関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/108-43c4925a