ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです

Kindle Unlimitedで読めるおすすめの図鑑

図鑑類は大型サイズの紙の本をじっくりと見るのが理想的で、頻繁では無いけれど読みたい時には手に取りたいので、一時的に読み放題サービスに加入する場合には、向いているとは言えません。
でも、電気を消した後、寝る前にふと読みたくなった時は、やっぱりタブレットの存在は助かります。

スポンサーリンク


知識・教養関連
国旗と国章図鑑


 DL:Amazon 決定版 国旗と国章図鑑
 読み放題:対象
 オススメ度:A

全354ページ。索引を除くと345ページ。

208もの国と地域の国旗や国章について、地域ごとに画像付きで紹介している図鑑。
アジアのアゼルバイジャン共和国に始まり、なぜこのような色合いを使っているか、国旗に描かれている紋章は何を意味しているのか、国旗はどのように変化していったかなどが、簡潔に書かれています。

例えば、アゼルバイジャン共和国の国旗は青がトルコ系民族、赤が近代化への決意、緑がイスラム教を表し、描かれている八角星は8つのトルコ系民族が存在しているからとのこと。

あまり深く書かれていると夜は眠くなるので、寝る前に読む文字量としては絶妙。但し、頭が冴えている時間帯に見ると、子供向けだとわかります。普段は他国の国旗の意味について考えることはほとんど無いため、大人でもこれぐらいで十分かも。

このような情報は以前ならWikipediaで十分だったんですが、今のWikipediaは自己満足の世界と言うか、過ぎたるは猶及ばざるが如しと言うか。

もちろんWikipediaにも簡潔で無駄の無い読みやすい記事も多いのは事実で、結局のところ利用する側が判断するしかなく、そうなると図鑑や事典は媒体が変化したとしても、今後もスタンダードなのかなと思います。

動物関連
いちばんよくわかる 犬種図鑑 日本と世界の350種


 DL:Amazon いちばんよくわかる 犬種図鑑 日本と世界の350種 コツがわかる本
 読み放題:対象
 オススメ度:A(犬好き限定)

全226ページ。索引は人気順と五十音順。

人気の犬種が1位から130位まで順番に、それ以外の犬種も含めると350種もの犬が写真入りで掲載されています。

ちなみに人気BEST3は、

1位プードル
2位チワワ
3位ダックスフンド
となっていました。

日本の原産では柴犬が6位に入っています。

1位から20位までは各2ページ、21位以降は1ページずつ、31位以降はページ半分で紹介。
順位はジャパンケネルクラブの2012年の登録頭数と記述があるので、日本国内で飼われている数に基づいているようです。

31位以降はちょっと写真が小さめです。ピンチアウトで拡大すれば大丈夫ですが、最低でも7インチ以上のタブレットで見た方が良いかも。

Kindle Unlimitedで読める犬の図鑑は、現時点ではこの本だけのようです。

猫の本【改訂版】 Kindle版


 DL:Amazon 猫の本【改訂版】
 読み放題:対象
 オススメ度:S(猫好き限定)

全126ページ。

非常にマズイです。見てるだけで顔がニタつきます。
家族がいる時に見ると、「(ま、まさかこいつ、エロい本でも見てる!?」と疑われるかもしれません。

ただ、この本には目次や索引がありません。写真集という扱いなんでしょうか。
ボリュームとしては物足りませんが、猫の写真が多いうえにサイズが大きいので見やすいです。ストレスを感じることが無いのは良いポイントかも。

昆虫関連
日本の昆虫生態図鑑


 DL:Amazon 日本の昆虫生態図鑑
 読み放題:対象
 オススメ度:S(もちろん虫が苦手では無い人限定)

Amazonでの評価がイマイチだったので、危うく見逃すところでした。
全298ページ。

構成は、昆虫の名前、科目名、日本国内の分布地域、大きさ、出現する期間、写真、解説となっています。
1ページに1種から4種の昆虫が写真付きで掲載され、写真は多いもので1種につき5枚ほど。オスやメスで見た目に違いがあるものに関しては、全てかどうかはわかりませんが、オスとメス両方の写真が掲載されているものも結構あります。

実際に数えたわけではありませんが、索引から恐らく1000種類近くの昆虫が掲載されています。写真の大きさも見るには十分で、昆虫を楽しむための図鑑としては、個人的には文句のつけようが無い内容でした。

もちろん昆虫が苦手な人は見ない方が無難です。これだけの種類が載っているということは、見たくない虫も間違いなく目に入りますから。
「ぶつ森」のお供に、という用途にはちょっとヘビーかもしれませんが、特に虫が苦手では無いという人であれば、末永く楽しめると思います。

ご利益関連
招き猫百科


 DL:Amazon 招き猫百科
 読み放題:対象
 オススメ度:A

全209ページ。
招き猫です。
ここに置いておくとご利益がありそうなので。招き猫は、手が長いほど福を呼び寄せてくれるそうです。

いろいろな招き猫が紹介されています。写真だけでも楽しめますが、文章も多いので読み物としても十分。
色によって効果が違うようで、白は開運、黄色や金色は金運、黒は厄除け、赤は健康長寿、ピンクは恋愛成就らしいです。

「ナマ招き猫」として、2015年に亡くなった貴志川線貴志駅のたま駅長も紹介されています。
39ページのナマ招き子猫だけでも癒されるわけですが。

食べ物関連
昭和のお菓子


 DL:Amazon 昭和のお菓子 あの素晴らしい味をもう一度
 読み放題:対象
 オススメ度:S(ダイエット中の人は見ない方がいいと思う)

全148ページ。

昭和のお菓子を第一世代(~1964)、第二世代(1965~1979)、第三世代(1980~)と年代ごとに分けて紹介しています。世代は私が勝手に命名しました。

とは言っても発売が開始された年で分けられており、今でも販売されている商品が多いため、古いお菓子でも実はほとんどの人が知っていると思われます。

自分は第二世代なのでノースキャロライナとかチョコベビーとか、懐かしすぎて笑ってしまいました。

きのこの山、チョコリエール、ハイチュウ、チーズビット、たけのこの里、ポポロン、チュッパチャップス、ピッカラと名作が並び、ドンパッチやうまか棒もこの頃。コメッコは載ってませんでした。

子供の頃に食べたお菓子の本を見ただけで、ほんの少し幸せな気持ちになるのは不思議です。両親の愛情を受けて育ったんだなあという充足感かもしれません。やはり子供にお菓子は重要なアイテムです。

最近は近くのスーパーでも、このような懐かしいお菓子が店頭に並ぶようになったのを見ると、結構な需要があるんでしょうね。

Kindle本 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(パスワードを設定した場合のみ投稿後の編集が可能です)
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hhgame.blog45.fc2.com/tb.php/102-442b7c6e