ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
そろそろ年賀状の季節になりましたね。
それに関連して先月ちょっと気になるニュースがありました。

例の非純正インクカートリッジの訴訟ですが、CANONの勝訴が確定したとのこと。
今後、互換インクが発売されなくなるかどうかは不明ですが、
今までは「シロ」だったのが「クロ」となったので、徐々に影響が出てくるかもしれません。

自分の場合は、純正インクの値段が結構高いので、リサイクルインクを使用するようになり、
互換インクを使うようになり、その後は詰め替えインクに切り替えました。

純正インクはBCI-7eB/C/M/Yがそれぞれ800円ぐらい、9BKが1000円ぐらい。

対してエレコムの詰め替えインクを使用すると、この金額の1/6程度で済みます。
さすがに100円均一のインクは躊躇してしまうので、
エレコム製の詰め替えインクを使用している方は結構多いのではないでしょうか。

ELECOM キヤノン用 詰め替えインク(4色セット 各4回分) THC-7BCSET4N


このタイプはICのリセッターが付いていませんが、リセッター付きの物もありバリエーションは豊富です。

この詰替えインクはキャノン純正インクカートリッジへの詰め替えを推奨していますが、
そんな物はとっくの昔に捨ててしまっていたので、
その時に使用していたメーカー不明の互換インクのカートリッジに詰め替えて、
長期に渡って何度か継ぎ足しつつ使用しているものの未だに問題なし。

非純正のインクカートリッジを使用して詰め替えする場合、
物によってはインク詰まりを起こしたり、いろいろとコツが必要です
まあ何かの役には立つかもしれないので、少しコツを書いてみます。

※純正インクや純正インクカートリッジ以外の非純正品の使用は故障時の保証対象外となるので、試す方は自己責任で。

<付属品>
・BCI-7eB/C/M/Y、9BK各4回分のインク
・注入口穴あけ冶具 ←今回の方法では使用しない
・注入口用栓
・固定用L型キャップ ←今回の方法では使用しない
・ビニール手袋1組
・説明書

使用したインクカートリッジ:それまで使用していた互換インクカートリッジ数種類
使用した工具:精密ドライバー、金属のヤスリ(柄つき)

互換カートリッジには穴が開けづらいものも存在するので、穴あけ用に精密ドライバーとヤスリを使用します。

<注意点>
 インクカートリッジに付いているICはインクの残量を見ているわけでは無いので、
 インクの詰め替えを行ったところで残量表示は増えません。
 この為、インク切れの表示が出た際にそのまま使用し続けることができるよう、
 残量表示を無効にする必要があり、機種ごとに方法が違うので事前に確認する必要があります。

1、互換カートリッジにインク注入用の穴をあける

 まずここで壁にぶち当たる事が多いです。
 詰め替えようとした非純正カートリッジが非常に頑丈な場合、
 付属の穴あけ冶具ではとても穴を開けられるようなものではありません。

 簡単に穴が開くものもあるので、こればっかりは運次第です。

 そこで精密ドライバーと金属のヤスリの登場です。
 思い切り力を入れて精密ドライバーを回しながら強引に穴を開け、完全に貫通させてしまいます。
 手揉みキリのような道具があれば、先に小さな穴を開けることができて楽になります。

 穴を開けた後は慎重に行います。

 今度は金属のヤスリを使い、回しながら少しずつ少しずつ穴を開いていき、
 注入口用栓がちょうどハマル大きさにします。
 栓をハメて確認しては少しずつ穴を大きくする作業の繰り返しになります。

 これはインクの補充終了後にカートリッジに栓をする必要があるので、
 ヤスリを回しつつ押し込んで穴の円周を少しずつ削り取るようにして、
 栓が少しキツめに入る大きさにするためです。

2、インクを注入する

 穴をあけたらいよいよインクを注入しますが、
 その前にセロハンテープ等で、スポンジ側の空気穴を閉じます。

 インク注入用の付属のL型キャップは、
 慣れないとカートリッジ下部からインク漏れが起きてダラダラと垂れてきますので使用しません。

 そこで、インクを注入してもスポンジに染み込まないように斜めに持って、
 ある程度注入したら栓を閉めます。

 あとは最初に貼ったセロハンテープを剥がして、プリンターにセットすれば終わりです。

とまあ、結構面倒なんですが、穴さえ開けてしまえばインクの補充だけなので楽です。
インクカートリッジの寿命はスポンジ次第で、2、3回の詰め替えと言われていますが、
自分は一度も交換していません。
何かあってからでは遅いので、2、3回で交換した方が無難ではあります。

非純正互換インクカートリッジについて

この数年間で互換インクカートリッジが非常に安くなりました。
インクを詰め替える手間を考えれば、詰め替えを行わず、都度互換カートリッジを購入するのも悪くありません。

CANON製、EPSON製のいずれにも言えることですが、保証期間が切れた後は修理代金が異常に高いので、純正カートリッジを使い続ける意義は薄いと思います。コストパフォーマンスを考えれば、保証期間内(通常は購入後一年間)は純正インクを使用し、保証が切れた後は詰め替え、あるいは互換カートリッジに切り替えるのがベストでしょう。

自分が使用しているEPSONプリンターのインクはIC4CL62タイプですが、既に保証期間を過ぎたので非純正互換インクカートリッジを使用しています。CANON製のプリンターと比較すると、どうもインクカートリッジの認識が甘いようで、純正・非純正カートリッジに関係無く、認識されなくなることがあります。

EPSON製プリンターのインクカートリッジが認識されなくなった時に良く言われている方法として、インクカートリッジ全部を一度抜いて電源を切り10分以上放置、その後電源を入れ直して黒から全部入れ直す、という方法がありますが、これは個人的にはやらない方が良いと感じています。
何故なら、インクカートリッジを入れ直すとインクの再補充が行われ、大量のインクが消費されてしまいます。しかもインクカートリッジの認識が甘いため、何度も入れ替えを行っているうちにインクカートリッジ設置のバネの役割をしている部分が徐々に弱くなり、更に認識しづらくなってしまうという悪循環にハマります。

対処法としては、認識しなくなったインクのみ取り出し、インクカートリッジに付いている基板の接触部分を、アルコールを付けた綿棒で拭き元に戻す、というのが最善で、この方法でも認識しない場合は、互換インクカートリッジの安さを考慮すれば諦めて新しいインクカートリッジに交換した方が無難です。
全部外す方法を実行するとしてもせいぜい一回だけで、何度も関係無いインクまで一緒に外さないよう、くれぐれもご注意を。

エプソン EPSON互換 インク 4色セット IC4CL62


<追記>2015.06.26

その他 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
今年はあまり欲しいゲームが無く、ほとんど買ってなかったんですが、
Just Dance Wiiだけは年初に発売が発表されてから必ず買おう、と思っていました。

JUST DANCE Wii

楽天市場でJUST DANCE Wiiの最安値を確認

発売前に収録曲が発表された時は、買わなくてもいいかな・・・と思ったものの、
CMが流れるたびに嫁さんが反応してるし、二人で踊ればもしかしたらかなり楽しいかもしれない、
と思い結局購入。

購入後、わざとらしく居間のテーブルの上に置いておいたら、
早速嫁さんが食いつきました。
意図的に食いついてきた可能性もありますが、物凄いガン見です。

「ダンスゲームに興味の無い女性は少ない」

自分の勝手な持論ですが、予想通りでした。
ダンスゲーム恐るべし、です。

カラオケへ行っても、男の場合はその場で黙って歌ってる場合が多いですが、
女性の場合は振り付きで歌ってる人も多いです。
たぶん女性は歌詞とメロディーと振り付けがセットなんでしょうね。

買ってから3週間ぐらい経過したのでレビューしてみます。

<微妙すぎる選曲について>

まず収録されている曲ですが、

[邦楽その他]
Choo Choo TRAIN/EXILE
→2004年第57位 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!岡村オファーがきましたシリーズ

Mickey (Hawaii version)/Gorie with Jasmine&Joann
→2004年第10位 フジテレビ系『ワンナイR&R』内の楽曲

One Night Carnival/氣志團
→BEST100圏外 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!「数取団」BGM

Sexy Girl/安室奈美恵
→アルバム収録曲 NHKドラマ『乙女のパンチ』主題歌

survival dAnce -no no cry more-/TRF
→1994年第7位 フジテレビ系ドラマ「17才-at seventeen-」主題歌

UFO/ピンクレディー
→1978年第1位

VALENTI/BoA
→2002年第65位 テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ

WON'T BE LONG/EXILE&倖田來未
→2006年第56位 全国カラオケ事業者協会推薦デュエットソング

Why?/東方神起
→2011年発売フジテレビ系テレビドラマ『美しい隣人』の主題歌

キューティーハニー/倖田來未
→2004年第62位 日本テレビ系映画『キューティーハニー』主題歌

ジャンピン/KARA
→2010年第77位 フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング

ヘビーローテーション/AKB48
→2010年第2位、2011年上半期カラオケリクエストランキング第1位

ミスター/KARA
→2010年第67位、2011年上半期カラオケリクエストランキング第2位

君にBUMP/ケツメイシ
→2004年第15位

恋のダイヤル6700/Dream5
→2011年発売、NHK『天才てれびくんMAX』内コーナーの曲

恋愛レボリューション21/モーニング娘。
→2001年第5位 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!岡村オファーがきましたシリーズ

[洋楽]
Crazy In Love/Studio Musicians
Dagomba/Sorcerer
Hot Stuff/Donna Summer
Jump In The Line/Harry Belafonte
Katti Kalandal/Bollywood
Rasputin/Boney M.
S.O.S./Rihanna
Toxic/The Hit Crew
U Can't Touch This/MC Hammer
Wannabe/Spice Girls
You Can't Hurry Love/The Supremes

[隠し曲]
マリオ

曲数が少なく、ラインナップがあまりにも微妙な感じです。
AKBの曲はカラオケに行くと聞かない日は無いぐらいに歌われているので、
ここらへんは良いと思いますが、全体的には広い世代をターゲットにするあまり、
中途半端になってしまっている印象。

ということで、本当に妥当性のある選曲なのかというのをほんの少し調べたのが、
上記の邦楽部分、→の右側部分です。
左から曲名/アーティスト名、その楽曲の年間総合シングルチャートランキング、選曲の理由?と思われる順です。

この内容から見えてくるのは、テレビ局とのタイアップ曲の多さでしょうかね。
以前はタイアップありきの時代もあったので、古めの曲であれば自然といえば自然なのですが、
最近の曲でタイアップしたにも関わらずその順位?という曲もあります。

もちろん年間チャートの上位曲にはダンスゲームに適さない曲もあるので一概に言い切れないのですが、
何か嫌な部分が見えてしまった気がします。

どうせなら思いきって曲数を削ってしまい、
北米版のように曲単位でダウンロード購入可能にしてしまった方が良かったと思いますが。
それも版権が絡むと日本の楽曲では難しいのかもしれませんね。
ちなみにこれの元になった北米版のJUST DANCE2は50曲近く収録されています。

Wiiの通信カラオケの場合は当然ストリーム配信なので、
チケットの購入代金の中から版権使用料が支払われると思いますが、
ストリーム配信を行うにはデータ量を考えると厳しいだろうし、
ダウンロード購入となるとそのぶん曲単価も高く、
振り付けにも著作権が存在するようになったようなので、
いろいろと障害があるのかもしれません。
振り付けがオリジナルと違う部分があるのもそのせいなのかな?
詳細はわかりませんが。

不思議なのはジャニーズ系の曲が1曲も無いこと。
(発売直前に1曲カット)
自分はあっても無くてもどっちでも良いのですが、一定数のファンによる購入が見込めるだろうし、
任天堂と言えば嵐ですから無い方が不自然です。

カットされた楽曲についても、肖像権についてはうるさい事務所ではありますが、
開発が決まった時点で任天堂が各方面に対し調整していないわけがありません。
既に楽曲のデータも出来上がりあとはデバッグ完了のみ、という段階だったのは間違いないところ。
それが直前にカットされたのは事務所の問題では無く、
何か全く違うところに原因があるように思えます。

良い方に考えるのであれば、
既に次回作の構想が始まっていてその中に入っている、
ということも考えられます。
そうで無ければ、何か大きな力が働いたのでしょうか。

<実際にプレイしてみて>

メニューに関しては元が洋ゲーらしく非常にシンプルです。
説明書を見なくても遊べますが、見ないと名前の登録方法がわからず、
「ダイヤ」とか変な名前で開始してしまうし、
持ち方がおかしいと点数もかなり低めに出るので、説明書は軽く目を通した方が良いです。

新しい名前の登録方法は、曲を選んだ後の参加画面で左上の名前部分(ダイヤ)をポイントし、
登録済みの名前を選ぶか新規に名前を登録するかします。

記録されるのは曲ごとにハイスコアと名前だけですが、
自分の名前を登録しておけば少しは張り合いが出ます。

プレイしてみると、

やっぱり楽しいです。

そして、意外にハードです。スタジオで口パクが多いのも納得です。

激しい曲を3曲ぐらい続けて踊ると息があがり、汗ダラダラ。
まだ全ての曲を踊ったわけではありませんが、
激しいのは邦楽ではMickey、洋楽ではRasputin。

上の方にも書きましたが、振り付けはオリジナルと全く同じというわけではありません。
気づいたのは嫁さんですけどね(振り付けを覚えてるのも凄いですが)。

時折画面が光って決めポーズの場面になるのですが、
曲によっては非常に難しいです。
コツは、決めポーズの前からあまり動きが無い場合は、
早めにポーズを決めても大丈夫ですが、
一連の動きがある場合は早めにポーズを決めてしまうとダメな感じなので、
タイミングが重要になってきます。
あとはリモコンを持っている手の角度でしょうか。

という事で、運動不足解消にはもってこいのゲームだし、
踊っていて楽しいです。

が!

やはり徐々に踊りたい曲しか選曲しなくなってくるので、
この曲数でこの選曲のせいもあって、飽きてきたところです。

飽きてきたとはいえ、踊って汗をかくとやっぱり楽しいんですが、
購入当初のようにほぼ毎日、というのは無くなってきました。

隠し曲であるマリオのダンスを早く見たいのですが、
こういう理由もあって未だにyoutubeの動画でしか見ていません。

逆にこれがダイエット目的の人なら、「飽き」は関係無いかもしれませんね。

<次作について>

次作があるかどうかは、これがヒットするかどうかによると思いますが、
もしあるのであれば、

曲単位でのダウンロード購入

これは是非導入して欲しいところです。
ただ、売れるかどうかわからないダウンロードコンテンツに開発費を割くことも、
曲数を揃えるのもかなり大変なので実現の可能性は低いかもしれません。

なので、これが不可能であれば多少価格をアップしてでも曲数を大幅に増やすかまたは、
完全にジャンル分けし世代ごとにターゲットを絞って数種類を発売、
もちろん収録曲はユーザーの意見をとりいれる、という形が必要なのではないでしょうか。

なんと言っても日本向けにローカライズされたJust DanceはWii版だけですし、
この差別化は相当大きなストロングポイントのはずなんですよね。
少なくとも今作ではそれを十分に生かしきれなかったように思います。

仮に今作と同じコンセプトで次作を発売しても北米版のような大ヒットは当然望めず、
過去の遺作となってしまうような気がします。

いずれにしても、大人も楽しめるダンスゲームとしては今までに無いタイプのものですし、
遊び方もシンプルで誰でも楽しめるゲームであることは間違いないので、
売れるも売れないもやり方一つだと思います。

Wii | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加