ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
SDチューナーの受信レベルが突然ゼロになったので、
とりあえず経路を調べたら、
隙間ケーブルがグニャグニャになっていました

どうやら自分がいない時に、嫁さんが頻繁にケーブル側の窓の開閉をしていたようです
HDチューナーのラインは偶然無事。

SDチューナーは、現在はスターデジオからの録音専用として自分しか使用していないし、
同じような事が起こらないとも限らないので、
高価なものを買うよりは安いものでいいかなぁと思い、
今回は一番安い隙間ケーブルを見つけだして買うことに。

ありました。

スキマ配線用フラットケーブル

amazonで隙間ケーブルのラインナップを確認

今まで使った事の無い、フレキ製の隙間ケーブルです
こんなやつ↓
フレキ製隙間ケーブル

仕様を見ると、
長さ:30cm
使用周波数:470MHz~1336MHz
通電:最大0.3A(DC15V以下)
挿入損失(db):470~770MHzで6db、770~1336MHzで5db、 1336~2150MHzで14db

仕様だけ見ると不安ですね
1336~2150MHzでの損失が14dbとあります。
ちなみにアンテナとチューナー間の周波数は、
スカパーが1000~1575MHz、スカパーe2が1032~2072MHzです。

今回はSDチューナーなのでぎりぎり行けそうな気がします。

どうせ安いし、という事で購入、2週間ほど使用してみました。
結論から書くと「全く問題無し」ですが、
どの程度の損失が見られたのか、外来ノイズに対してはどうなのかを書いてみます。

1、このケーブル自体の損失

 まずはこのフレキ製の隙間ケーブルを接続することによって、
 チューナーの受信レベルがどの程度落ちるのかを調べました。

 現在問題無いHDチューナー側のラインは、
 アンテナ→屋外同軸ケーブル→既存の隙間ケーブル→屋内同軸ケーブル→HDチューナー
 という経路で接続されています

 ここで現状の受信レベルを確認しておきます。
 チューナーはHUMAX製のHDチューナーで、
 受信レベルはMAX値で99です。

 現在の受信レベルは、
 Perfec:82~84
 SKY:92~95
 HD:63~66

 となっていました。
 測定はほぼ雲一つ無い晴天時です。

 ここに今回購入したフレキの隙間ケーブルを挿入します。
 具体的には、

 アンテナ→屋外同軸ケーブル→既存の隙間ケーブル→屋内同軸ケーブル
 →[フレキの隙間ケーブル→適当な同軸ケーブル]→HDチューナー

 とします。

 図にするとこんな感じ↓
 隙間ケーブル挿入の図

 これで、フレキ製隙間ケーブルを接続した時に、
 どれくらいレベルが落ち込むかが分かります。
 他にも方法がありますが、室内だけで作業するにはこれが一番簡単です。

 フレキ製隙間ケーブルを挿入した時の受信レベルは、
 Perfec:82~84
 SKY:92~95
 HD:62~65

 ん?
 ほとんど変わりませんね。
 HDの受信レベルがわずかに1落ちたぐらいで、
 測定誤差なのかどうかの見極めも難しい程の差です。
 いろいろとチャンネルを変えてみましたが、特に違いは見られませんでした

 どうやらほぼ問題無く使えそうです。

 続いて、今回の本命であるSDチューナーで確認してみました。
 チューナーはSONY製のDST-SP5で、受信レベルのMAX値は30。
 HDで問題無かったので問題があるわけも無いのですが念のため。

 まずは通常の状態で、
 受信レベル:24~25

 フレキ製隙間ケーブルを挿入した時は、
 受信レベル:23~25

 これまた測定誤差とも言える程度の差でした。
 損失に関しては全く問題無いようです。

2、外来ノイズに対しての耐性

 これが一番気になるところですね
 なにしろフレキですから外側にシールドがありません。
 もちろんフレキの場合は内層にシールド層を設けるのですが、
 見ただけではわかりません

 内層シールド同士を貫通させるビアも見当たらないので、
 もしかしたらシールド層自体が無いのかもしれませんが、
 コネクタ部分に隠れている可能性もあるので何とも言えません。

 アルミホイルで巻いてしまおうと思いましたが、
 巻いたところでGND(アース)に落とすような場所も無いため、
 かえって悪影響を及ぼしそうなので、このまま使うことにしました。

 ノイズ耐性が問題無いかどうかについては、
 実際にスターデジオからの録音によって確認する事としました。

 もしノイズに対して極端に弱いようであれば、
 録音時に曲間の無音部分を検出しづらくなり、
 2曲以上繋がったファイルが稀に作成されるはずです。

 このケーブルに替えてから既に30時間以上のファイルを録音していますが、
 2曲以上繋がったようなファイルや、変に分割されたファイルはありません
 もちろん実際に曲を聴いてみて、問題有りと思われるようなものはありませんでした

以上の結果から、少なくともSDチューナーでの使用には全く問題無さそうです。
HDチューナーでは受信レベルの確認程度しか行っていませんので、何とも言えません。
(問題無いとは思いますが)

今回はフレキのウィークポイントとも言える部分について確認しましたが、
フレキのケーブルにも良い所はあります。

とにかく取り回しが非常に楽です。
通常の隙間ケーブルだと、サッシに合わせた癖をケーブルに付ける必要がありますが、
フレキ製の場合はそこまで神経質になる必要がありません。

窓が閉まるように閉めればいいだけです。

もちろん、屋外側のコネクタ部の防水や、窓の開閉をしないようにする事は、
通常の隙間ケーブル同様必要です。

蛇足ですが、せっかくなのでチューナーの受信レベルについてもう少し書きます。
受信レベルは、土砂降りだったり分厚い雲が存在しない限り、
ほぼ安定しています。

今回のHDの測定値は63~66でしたが、これは強風時でもほぼ変わりません。
もし強風でレベルが大きくふらつく場合は、設置に問題有りです。

また、通常時のふらつきが大きい場合(例えばHDの受信レベルが56~66等)は、
同軸ケーブルの腐食がかなり進行しているか、
隙間ケーブルが断線しかかっている可能性もあります。

もしふらつきが大きい時は、ケーブル類を確認してみましょう。

スポンサーサイト
スカパープレミアム関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
このところ、今後のスカパーの方向性に関するニュースが、
ちらほらと出てきています

その中に、「今年の7月から値上げ幅を抑えた新しいパッケージを提供」、
というニュースがありました

これは!

よくばりパックHDでもなく、えらべる15HDでも無い、
新しいパックセットの販売を開始する、という事でしょうか
もしそうだとしたら、いったいどんなパックセットを販売するのか、
ちょっと楽しみですね

希望としては、ジャンルパックを新設して欲しいです

例えばFOXやAXNやスーパードラマTV等の入った海外ドラマパックHDとか。
その他にも音楽・映画・ドキュメンタリー・アニメ・ニュース等、
それぞれのジャンルパックを作る事によって、
視聴者の選択の自由度を大きくして欲しいです
何でもかんでもゴチャ混ぜのよくばりパックでは、
一部の人しか満足できませんからね

絶対にやめて欲しいのは、新規契約者に限定した新パッケージの販売
既存の契約者を無視したら暴れますよ
冗談ですが。

ちなみにe2もBSの新チャンネル放送開始に合わせて、
新しいパッケージを準備しているようです

その他では、

・SD契約者の完全移行の目標は2014年度
・モバイルでも番組配信を行う
・セットトップボックスのラインナップの充実
・3D放送コンテンツの拡充

等々。

まず、SD契約者の完全移行ですが、
2014年度までというのはちょっと厳しそうですね
今現在、無印契約者に対するHD契約者の割合は約20%
残りの80%があと4年弱でe2かHDへ移行完了するには、
余程大胆なキャンペーンが必要になるのではないでしょうか

続いて、セットトップボックスのラインナップの充実
昨年末にパナソニック製のHDチューナーが加わりましたが、
どうやら新機種を出すのは確実のようです

時期は・・・発表だけは早いスカパーですから、
現時点で具体的な新機種の情報が無いということは、
来年あたりでしょうか

更に、3D放送コンテンツの拡充も行うようです
そうですか。
あまり興味が無いので特に触れません

今年は地デジ化の年でもあり、スカパーもやはり動いてくるようです
首を長ーくして7月を待ちたいと思います

スカパープレミアム関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
どうやら来月のE3で詳細を発表、来年発売の運びとなるようです
1月8日の記事で、Wiiの次機種は今年の夏ごろに発表され、
年末までには発売されるだろうと予想しましたが、
発売時期に関しては思い切り外れでした

このところの据え置き機の販売台数は既にPS3が完全にWiiを抑えており、
7月には完全地デジ化(一部地域を除く)となることを考えると、
今年が最高のタイミングと思われたのですが。

海外では今月中にも現行機種の本体価格が、
マリオカートWiiとのセットで約150ドルへ値下げ。

現行機種の価格については現時点での在庫と今後の販売予測との兼ね合いになるので、
日本国内でも値下げされるかどうかはちょっとわかりません

さて、Wiiの次世代機の話ですが、日本国内のゲーム市場は海外とは全く別物で、
携帯ゲーム機が据え置き機を完全に凌駕している状態であり、
余程のインパクトが無い限り国内での苦戦は必死でしょう。
Wiiを発売した頃とは状況が違ってきています。

引き続きファミリー層を取り込みつつ、
据え置き機だからこそできることを更に高い次元でアピールする必要があります
欲を言えば、コアなゲーマー層をも惹きつけるものがあればいいんですがね
そこはやはりサードパーティーとの連携次第とも言えます

携帯電話やスマートフォンのゲームユーザーとも戦わなければならない、
みたいな記事をニュースサイトで見かけましたが、
これはほとんど関係ないような気がします

自分もたまにプレイしますが、出張中や外出中どうしようもなく暇な時の話で、
家にいる時にゲームをする時間があったら、迷わず据え置き機で遊びますからね
競合するような話では無いと思います
考察するとすれば、携帯電話やスマートフォンのゲームで満足している人たちを、
据え置き機に興味を持たせ更に取り入ることができるのか、といった所ではないでしょうか

携帯電話やスマートフォンのゲームアプリだけで遊ぶ人たちの中には、
据え置き機はおろか、PSPやDSといった携帯ゲーム機も持っていないという人もいます
とてもじゃないけどゲームなんか絶対しないだろうと思ってた人が、
携帯で遊んでてビックリする事もありますからね
そう考えると、ゲーム市場はまだまだ拡大の余地がありそうな気がします

さて、次世代機に関する最近の噂をまとめると、

・コードネームはプロジェクトカフェ
・もちろんハイビジョン対応
・ハードディスクは内蔵せず
・ゲーム用ディスクの容量は25GB
・コントローラーはWii同様モーションコントローラをサポートし、
 タッチスクリーンが使用される予定
・内蔵フラッシュの容量は8GB
・今まで通りSDカードへデータの保存が可能
・コントローラーのスクリーンに、テレビ画面と同じ映像が表示される
・コントローラーのスクリーン上で、様々な感触を感じ取れる
・3Dは対応しない
・本体価格は350から400ドル(約2万8500~3万2600円)

とりあえず3D未対応は朗報でしょう
現状を考えると3D対応がアドバンテージには成りえないし、
一年後に状況が変わっているとも思えません

Wiiについては相変わらずビッグタイトルの発売が無く、
Wiiのソフトの中で一番売れているのがマリオカートと言う良くわからない状況になっています
戦国BASARA3の廉価版が6月2日に発売、ぐらいでしょうか

この発表を機に、日本国内でもWiiの本体価格やソフトの価格を下げる等すれば、
少しは活気づきそのまま来年に繋がると思うんですけどね
一度離れた人を引き戻すのは、そう簡単な事では無いですよ?任天堂さん

Wii | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。