ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月30日にIOデータから新型のRECBOXが発売されます
容量はなんと3TB!
定価が31700円ということなので、市場予想価格は28000円~30000円といった所でしょうか

「RECBOX」3.0TBモデル HVL-AV3.0

もちろんスカパーHD録画にも対応しています

公式HPを見る限り、HVL-AV3.0独自の機能というものは無く、
機能は今までのRECBOXと同じで容量だけ増やした製品、という位置づけのようです
それに先んじて既存機種は価格改定により値段が下がっているので、
買い時かもしれませんね

特に変更はありませんが、簡単に機能を。

<主な機能>
・レグザの内蔵/外付けHDDや、Woooの内蔵HDDやiVDR-Sカートリッジに録画した番組のダビングに対応
・ダビングしたものは録画に使用したテレビでなくても再生可能(DTCP-IP対応テレビから再生可能)
・レグザの一部機種では直接録画可能
・全てのスカパーHDチューナーでLAN録画可能
・一部ブルーレイレコーダーへのムーブに対応
・DiXiM Digital TV plus for I-O DATAを使用することにより、パソコンからも再生可能
 (パソコン・モニターとも著作権保護されたハイビジョン映像の再生に対応していること、
 かつ全てのスペックを満たしていること)
・ネットワークメディアプレイヤーから再生可能(PS3含む)
・2ストリーム対応(但し追っかけ再生は不可)
・録画済番組のタイトル編集やフォルダー分けが可能

HVL1-Gシリーズは既に生産終了となっており、スカパーHD録画に対応したIOデータ製品は、
RECBOXシリーズと、ちょっと高めのHVL4-Gシリーズのみとなりました

レグザの録画用HDDのように沢山のタイプが発売され、
もう少し安価で入手可能になって欲しいものですが、
スカパーHDの現状の契約者数を考えるとまだまだ先の話かもしれません

ただ、3.5インチのバルクのHDDが、容量2TBで7000円以下で入手可能になってきたので、
2TB以下の容量であれば、今後更に値段が下がっていくのは間違いないでしょう

スポンサーサイト
スカパープレミアム関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
この度の東日本大震災にて被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

知人が被災した事もあり、暫くブログの更新を行っていませんでしたが、
今日から再開する事にしました

今回の震災で、携帯電話の通信網のインフラが相変わらず脆弱で何も進歩していない事がわかりました
機能的にはこの15年で比較にならないほど発達しましたが、
少なくともauについては大地震に対しての脆さは何も変わっていなかったのです

甚大な被害があった地域では基地局への被害により使用不可能になるのはしょうがないかもしれませんが、
それ以外の地域でもほぼ使用不可能となるのはどうなんでしょうね

特に自分はauの携帯電話を使用しているので、
地震発生直後から丸一日、通話はもちろんメールの送受信もできない状態に陥りました
電池を喰いまくるただの時計です
(地震発生後、パソコンによるインターネットは全く問題無かった)

時系列で振り返ってみます

当日14時46分 地震発生
当日14時53分 ウェザーニュースから「地震発生」のメールが届く

 ↑この間、メールの送受信が一切不可能になり、電話もほとんど繋がらない状態↓

翌日16時頃 ウェザーニュースから「大津波警報発表」のメールが届く

おい!

メールが届かなかったのは、もちろんウェザーニュースが悪い訳ではなく、原因はauにあります。
KDDIの海底ケーブルが切断というニュースもありましたが、直接の原因は過度な通信規制でしょう
災害が発生すれば需要が増えるのは当たり前の話なので、
それを処理できるだけのインフラを整備すべきではないのでしょうか

お金の問題とは思いますが。

ちなみに、通信規制が掛かっている時、EZwebに接続しづらい状態の時は、
一度電源をoffし、電源を入れなおす、という手があります。
EZwebに接続しづらい時は、電源を切らずにブラウザ履歴のクリアと接続を何回か繰り返せば、
接続できる事があります
(自分は今回はこの方法もダメでした)

携帯電話は自分の命を守る為のツールにも成りえるので、
今後のキャリア選択は、「災害時に強いかどうか」という条件が非常に重要視されていくことでしょう

となると、やっぱりドコモになるんでしょうか

ドコモは、設備故障で24時間以上通信を利用できなかったと確認された地域については、
そのぶんの料金を返還するそうです。
現在その地域を確認中とのことですが、「災害救助法適用地域」という言葉が入っていないので、
被害の大きさに関係なく24時間以上通信できなかった地域の契約者には、返金されるかもしれませんね
(詳細はHPで確認して下さい)

その他 | トラックバック:1 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。