ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
久し振りに三国志IXプレイの続きです。

~前回を振り返る~
軍師、竹中半兵衛を得た劉備軍は、袁術の攻撃をいとも簡単に退け、
念願の初勝利をあげる。
図に乗った劉備軍は袁術の土地を奪おうと寿春を攻撃。
しかし、城に辿り着く前に迎撃に遭い、無残にも敗走。

この戦いが兵力に致命的なダメージを与えてしまい、
袁術と曹操の連合軍によって、赤子の手を捻るがごとく本拠地を攻め落とされる。
ゲームオーバー

なお、前回インストールした限界突破ツールですが、
抜擢OFF設定にて抜擢システムが発動しない事を確認しましたので、
設定はあのやり方で良かったようです。

それでは懲りずに行ってみましょう

<4回目の出陣~その1~>
やはり竹中半兵衛の力は偉大で、隣の勢力である袁術軍の攻撃に対しては、
余裕で勝利できるようになりました
たまに攻められつつも順調に国力を増強、季節は流れ、4年が経過します
但し、人材はなかなか集まりません
そりゃそうです
小沛の土地にそんなに人材が埋まってるわけがありません
毎月探索したところで、たまにお金を見つけてきたり、
悪者をやっつけるイベントが出てお金を貰ったり。
それでもしつこく探索を指示し続ける君主劉備

武将たちは心の中でこう思ってるに違いありません
「もう居ないっつうの。探索しすぎて余裕で地図書けるわ。出張多すぎ。
 つかお前が出張しろ!」

今回は198年に大きな動きが。

198年の1月上旬、とあるニュースが舞い込んできました
天下に袁紹打倒の機運が満ちているとの事
打倒袁紹

袁紹軍は北部で既に巨大勢力となっており、これ以上大きくなられては困ります。
参加しない理由がありません。
すると!
何と言うことでしょう
劉備が連合盟主に選ばれました
劉備が連合盟主に

遂に劉備の名を世に知らしめる日が来たのです
思えば長い道のりでした
袁術には簡単に滅ぼされ、浅井長政を強引に仲間にし、
竹中半兵衛を軍師に迎え入れるも、図に乗ったあげくに袁術・曹操連合軍に滅ぼされ。

これには劉備、関羽、張飛が抱き合って涙した事でしょう
「あにじゃー!!ぐぉー!(涙)」

すっかり妄想の世界に入ってます

見てろよ袁紹!3ヶ月で木っ端微塵に撃滅してくれるわ!
アドレナリン出まくりです
しかし、袁紹は巨大勢力
しっかりとした作戦を立て、来たる日までに万全の体制を整えなければなりません

そう言えば、三国志演義では董卓を討伐するための連合軍の盟主は袁紹
その袁紹を打倒すべく結成された連合の盟主に劉備が選ばれるとは。
できれば今のうちに曹操を倒しておきたいところですが、そうも行きません。
思惑通りに進まないのが世の常です

少なくともハエのように煩い隣の袁術は暫く大人しくなることでしょう
ある意味チャンスです
袁紹討伐が終了するまでの間に、沢山の人材を劉備軍に取り入れることができれば、
その後の戦いも優位に運ぶ事ができます。

どうせなら袁紹が曹操を滅ぼすのを待ってから倒すか?
いや、それでは優秀な人材が袁紹に集まってしまう

そんな折り、2月下旬、劉備のもとに引っくり返るようなニュースが飛び込んできます
袁紹滅亡の知らせ

ん!?
「馬騰軍の活躍により、反袁紹連合は見事に袁紹軍を討ち滅ぼしました?」

「連合の盟主」などと言うのは名ばかりでした
馬騰が、連合盟主の劉備を差し置いて、勝手に袁紹を討ち破ってしまったのです
連絡は一切無し。
どうやら早い者勝ちだったようです
何してくれてんねん馬騰!
空気読めよ・・・

わずか2ヶ月足らずの盟主の座
張飛はヤケ酒で暴れたことでしょう
劉備は「自分はやっぱりダメな子なんだ」
と、奥に引きこもってしまいました

モチベーション急降下ですが、妄想の世界はひたすら次回(いつか)に続きます

スポンサーサイト
PC | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、スカパーHD録画に対応しているNASについて比較してみます
※録画はLANを使用して行います

<NASの比較>
 NASとはNetwork Attached Storageの略で、
 直接ネットワークに接続するサーバー(HDD)の事です
 余程大きな容量ではない限りレコーダーよりは安価に入手できるので、
 BDやDVDに焼く習慣の無い方にはおすすめです

 レコーダーの場合は容量が足りなくなった場合、
 それなりの値段なのでもう一台買い足すのに躊躇しがちですが、
 NASであれば2万円から3万円で買えます(大容量は除く)

 IOデータ製の場合、以前は動作が不安定でムーブ先も限られていましたが、古い機種は既に動作も安定し、
 最近発売された機種は一部レコーダーやPCに接続した特定のHDDへのムーブも可能になっています
 (PCに接続した特定のHDDへのムーブには、専用HDDと専用カートリッジが必要)

・IOデータ製のNASについて

 IOデータはチューナーがハイビジョン録画に対応したのとほぼ同時期にNASを発売した、いわば先駆者です
 同時にNASを発売予定だったバッファローは対応が遅れてしまい、発売は翌年にずれ込みました

 先駆者だけあってIOデータ製のものは動作が安定しており、
 不具合が起こった場合のファームの対応も比較的早めです

 以下の表の通り、対応したIOデータ製のNASは、
 生産終了品も合わせて今までに9機種発売されています
IOデータ製のNASのラインナップ
※1 IO製NASからムーブ可能な機器は以下の通り
・IOデータ製のHVL-AVR、HVL-AVシリーズ、HVL1-Gシリーズ、HVL4-Gシリーズ、RHDM-US/EX(カートリッジ)が対応
・東芝製レコーダーのRD-X9、RD-X8、RD-S1004K、RD-S304K、RD-S503、RD-S303、
 RD-X10、RD-BZ800、RD-BZ700、RD-BR600の10機種が対応
・パナソニック製レコーダーのDMR-BWT3100、DMR-BWT2100、DMR-BWT1100、DMR-BW890、DMR-BW690の4機種が対応
このうちNASへムーブ可能なレコーダーは東芝製RD-X9、RD-S1004K、RD-S304Kの3機種のみ

※2 価格は現時点でのおおよその販売価格
※3 チューナーからLAN録画中に、LinkTheater等のDLNAクライアントから以前録画した番組を再生、ということが可能
※4 増設用HDDは「REC-iN」を使用
   なお、ムーブ先として指定可能なカートリッジRHDM-US/EXはiVDR-S(HDD)用であり、REC-iN用ではないので注意が必要

 録画専用機として使用するのであれば、既に動作の安定しているIOデータ製がおすすめです
 パソコンにDiXiM Digital TV plus for I-O DATA(無料)をインストールすれば、
 パソコンから視聴することも可能です。
  ※但し、Windows 7 Home Premium以上、またはWindows Vista SP2以降(Home Premium/Ultimate)で、
   ディスプレイがHDCPに対応していること他、それなりのスペックが必要になりますので、
   PCでの視聴を考えている場合は、条件を満たしているかどうか公式HPでしっかりと調べましょう

 ランナップの中でもフォルダー作成機能や録画済みデータのファイル名変更が可能な、
 RECBOXのHVL-AVRかHVL-AVシリーズが良いでしょう

 I-O DATA DTCP-IP対応 REC-iNスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX HVL-AVR

 I-O DATA DTCP-IP 対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」2.0TBモデル HVL-AV2.0

 I-O DATA DTCP-IP 対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」1.0TBモデル HVL-AV1.0

・バッファロー製のNAS

 バッファロー製NASは後発でありながら、既に沢山の機種が発売されています
 ラインナップはバラエティーに富んでいますが、現状では他の機器へのムーブに対応していません
 機能の豊富さを考えると、他の用途に使いたいNASです
 以下は、現存するバッファロー製NASの比較表です
バッファロー製のNASのラインナップ
昨年は残量メーターを搭載したLS-AVシリーズが発売されました
このシリーズは、値段もRECBOXとほぼ同等で手頃です

iTunesサーバーは、バッファロー製のNASであれば、ほとんどの製品に機能として付いてます
どんなものか簡単に書きますと、NASに音楽ファイルを入れておけば、
LAN内に接続されていて、かつiTunesがインストールされているパソコンであれば、
曲を共有できるという機能です
接続されるパソコンは5台までとなります

以上のように、録画やムーブに関して比較すると、現時点では使い勝手も含めてIOデータ製のNASの方が優れており、
その他の機能の豊富さはバッファロー製の方が上回っている、という状況です

バッファロー製は、録画以外の機能に優れているので、もしその部分を大幅に改善することができれば、
オールマイティーなNASとしてIOデータ製に肉薄してくる可能性もありますが、
録画用として購入する場合、他の機能はほとんど必要無い(他の用途に使いたくない)のも事実なので、
IOデータ製のように録画や再生、ムーブ機能だけに特化したものでなければ厳しいのではないでしょうか

理想としてはバッファローが録画やムーブに関する機能をIOデータ製並みに向上し、
その他の機能も付けた上で手頃な値段で販売、
というのが最高なんですけどね

バッファロー製が2ストリーム対応にすれば、誰かが録画済みデータを視聴中に、
他の誰かがiTunesで音楽を聴く、なんていう使い方もできるわけで

スカパープレミアム関連 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
明宝という会社が学習リモコン市場に殴りこみをかけてきました
その名も「L5remote」
L5remote リモコン登録時の画像

カスタマイズが自由なので、登録できるリモコンの数は無限大
カラオケボックスのデンモク用(のような)データも、
既にダウンロード可能なようです

iPhoneやiPodTouch、iPadを使用するのでもちろんタッチパネル
タッチパネル型のカスタマイズ可能な学習リモコンなんて画期的!!!

と、思われる方が多いかもしれませんが、
カスタマイズ可能なタッチパネル型の学習リモコンは、かなり前から発売されており、
実は珍しいものではありません

自分もエバーグリーン社製のEG-LR500Fという機種を、5~6年前に買いました
当時で2万円ぐらいした記憶があります
EG-LR500Fの全体の画像

EG-LR500Fはパソコンと連携可能な代物です
64個までのデバイス(リモコン)の登録が可能で、
1デバイスにつき割り当て可能なボタンは65個まで

タッチパネル製の為パソコンを使って自分の好きなボタンやメニューを作成でき、
タイマー機能もついてます
凝った作りも可能だったので、チャンネルボタンにANIMAXや東映のロゴを使ったりしました
センサーを内蔵しているので、自動的にスタンバイ状態になっても、
リモコンに触れた瞬間にスタンバイから復帰するという、
それはそれは当時の学習リモコンとしては画期的なもだったので、
すぐに飛びついたのです

しかし・・・
1ヶ月ぐらい経った頃、ある事に気づきました

「リモコンのあるべき姿」に合致していなかったのです

リモコンのあるべき姿とは、リモコンを持っただけで手探りでボタンを押せること
例えばテレビのリモコンを使うとき、
ほとんどの人がリモコンを見なくても持っただけで1-9あるいは1-12のボタンを
手探りだけで押せると思います

タッチパネル製の場合、ボタンの凸凹が無いためにそれができないのです

これが原因で2万円前後も出して買ったEG-LR500Fは、
スターデジオ録音時のスカパーチューナーの自動チャンネル切り換え専用機となりました
(持っているチューナーの仕様上、スターデジオの各チャンネルは24時間単位でのタイマー設定しかできない為)
今でもこれだけの為に頑張ってくれています
外出中でも夜中でも、タイマー設定した時間がくれば勝手にチャンネルを切り替えてくれます
自分の今の音楽ライフがあるのはこいつのおかげだと思ってます

長々とEG-LR500Fについての愚痴を書いてしまいましたが、
もちろんこれはL5remoteの未来を悲観しているわけではありません

たぶん暫くは入手が難しい状況になるでしょう
定常的に結構売れると思います
買ってすぐは弄るだけで楽しいですからね

ただ、用途は居間に居座っているテレビやレコーダー用ではなく、
それ以外の機器で使われることが多くなるのではないでしょうか

リモコンが壊れた時のバックアップ用にも使えるし、
カラオケボックスでも使えます

いろいろと遊び尽くした先に見えるものは・・・

おや?EG-LR500Fがお迎えにきたようです

なんて事にはならないと思いますよ、たぶん

家電その他 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。