ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
大方の予想通り、PSPの次機種が発表されました
その名もNGP(Next Generation Portable)
発売は年内、価格はまだ未定だそうです

いろいろなニュースサイトを見ましたが、
専門用語が多くてわかりづらいものもあったので、
ほんの少しだけ噛み砕いて紹介したいと思います

それでは仕様を見てみましょう

<有機ELディスプレイ搭載>

 5インチの有機ELを採用したようです
 ソニーは一時期、有機ELテレビを市場に展開しましたが、
 大画面化が困難な事により撤退した経緯があります
 しかしその技術はモバイル端末にしっかりと受け継がれ、
 今回NGPに搭載される事に

 有機ELはほぼ残像も無く、視野角も限りなく広く、
 その他の部分もほとんどが液晶に比べ優れているため、これは大歓迎でしょう
 しかし、寿命の方はあまりもたないのでは?と、取り沙汰された事がありました
 内容としては、実は寿命が公表値の半分ぐらいしかもたないかも、みたいな事だったと記憶しています
 その後改良されているはずで、杞憂に終わるのではないかと思います

・タッチパネル

 なんと、前面にタッチパネルを搭載、背面にはマルチタッチパッドを搭載してきました
 今までに無いようなゲームを出してきそうです

・解像度

 960×544ドットとなり、現機種の4倍です
 DSも3DSとなって解像度は改善されますが、またまた水を開けられることになります

<センサー類>
・6軸検出システム

 3軸ジャイロセンサと3軸加速度センサー搭載です
 ジャイロセンサと言うとあまり馴染みが無いかもしれませんが、
 角速度や角度、振動を検知するセンサーで、
 デジカメの手ブレの検知に使用されていますし、カーナビにも使用されています

 加速度センサは、重力や衝撃、動きを検出するためのセンサで、
 元々は車のエアバッグのために使用されたと思います(うろ覚え)
 今では携帯電話にも普通に搭載されています

・3軸電子コンパス搭載

 3軸電子コンパスは、機器を持っている人がわざわざ水平になるよう意識しなくても、
 正確に方角を示すための磁気センサです

・GPS(Global Positioning System)内蔵

 もはや説明不要だと思います
 衛星を使用して位置情報を知るためのシステムです

<通信関連>
・Wi-Fi搭載

 ここも現機種で搭載済みなのでサラっと
 まあ無線LANなのですが、無線LANに対応したものの中でも、
 Wi-Fi認証を受けたものがWi-Fi搭載と謳えることになっています

・3Gネットワーク機能搭載

 きました
 今回の目玉の1つのようです
 3Gネットワークとは第3世代移動通信システムの事で、携帯電話の通信ネットワークです
 docomo・au・ソフトバンクのどれでも良いのか、どれか1社だけなのか、
 現時点では料金も含めて全く未定のようです
 ここは自分の契約している携帯電話会社で可能になるように、しかも無料にして欲しいですね

 というのは無理かもしれません

 それがダメでもせめて任天堂Wi-Fiコネクションのように、
 ほぼ全てのゲームにおいて無料でオンライン対戦ができるような環境の構築こそが、
 NGP普及の鍵を握っていると思います
 でもやっぱりモンハンは有料なんでしょうね

 Wi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルの2種類あるようです

・Bluetooth搭載

 ここも説明不要ということで

<カメラ搭載>
 ついにカメラを搭載してきました
 詳細は不明
 しかしソニーのことです
 最低でもスイングパノラマやスマイルシャッターといった機能、
 またはそれ以上の機能を搭載してくるかもしれません
 携帯電話並みの機能だけ搭載するとは思えません

<記録メディアについて>
 フラッシュメモリベースの新型カードメディアだそうです
 あっさりとメモリースティックを切り捨てました
 UMDは完全に闇に葬り去られたようです
 来年にはUMDゲームの価格暴落が起きるかもしれません

<位置情報サービスNear>
 Nearとは、どの場所でどのゲームが遊ばれているかがわかるサービスのようです
 また、NGPを持ち歩いている人の移動履歴を記憶し、
 移動してきた場所でどのゲームが人気かがわかるそうです

 とある地方で、同じ電車・同じ車両に向かい合って座っている2人がNGPで遊んでいたとします
 地方なのでNGPを持っているのはその2人だけ
 お互い遊んでいるゲームがわかってしまうんでしょうか
 だとしたら恥ずかしいゲームでは遊べないですね

 いえ、たぶんそこまで精密なモノにはしないでしょう

<価格の予想>
 最初に書きましたがまだ未定です
 もちろん目標価格は決まっていても、この時期に価格を決定するのは無理というもの
 そこで予想してみましょう

 まず、来月発売予定の3DSが25000円
 そして、据え置き機であるPS3が現在29900円

 NGPとしては、3DSより安くする必要はありません
 価格が安いと3DSより機能的には上、というプレミア感が無くなります
 しかも発売時期を年末頃としてきました
 年末は多少高いものでも売れてしまう時期です
 それなりの値段だからこそ発売時期を年末にぶつけてきた可能性があります

 そうなるとPS3の値段はあまり関係無いかもしれません

 まずは高めに設定して時期をみて値下げ、という戦略もありますが、
 あまり高くし過ぎると、せっかくの年末商戦を棒に振るかもしれません

 高すぎず安すぎず

 32800円!

 と予想 
 
<携帯ゲーム機の理想像>
 自分が理想とする携帯ゲーム機の近未来像は、
 携帯ゲーム機=据え置き機
 携帯ゲーム機の映像が、有線では無く無線でしかもハイビジョン映像で、
 大画面テレビにリアルタイムで送信され、問題なくプレイできる
 そんな感じのものです

 外出時は携帯ゲーム機として機能し、家の中では据え置き機として機能するもの
 いわば携帯ゲーム機と据え置き機の融合です
 その方がなにかと楽ですよね、全てにおいて

 もちろん完全に独立した2つの巨大市場を1つにしてしまう事は、
 ゲームのハード業界としても望んでいないのは間違いないだろうし、
 実現は難しいかもしれませんね

スポンサーサイト
PSP | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
PSPが充電できない時の修理方法
(This article is method for repairing when PSP cannot be charged.)
と言ってもバッテリや本体がイカレた場合は無理です

昨日、iTunes-rss-serverで音楽を聞いていたらPSPがローバッテリになったので
急いで充電

できない

え!?

充電ランプがつかない

これはおかしい
ついこの前、USBタイプの充電ケーブルもPSPだけ充電不可能になったばかり
そしてついに純正のACアダプタまで
これは変だ

スポンサードリンク



ということでPSPについてる充電端子を見てみたが問題無し
そして、純正のACアダプタとUSBタイプの充電ケーブルの、充電端子部分を見たところ


犯人はこいつらでした

PSPの充電端子は凸タイプ、いわゆるプラグ
アダプター側がソケットになっており、差し込んだ時にPSPについてる充電端子を
ACアダプター側の充電端子(ソケット)が外側から覆い接触する仕組み

このソケット部分の材質が柔らかすぎて、充電の度に何回も抜き差しするうちに
外側へ開いてしまい、接触が悪くなり充電されない状態になっていました
純正もUSBタイプも同じ原因でした

直し方は簡単
※必ずコンセントから抜いた状態で行って下さい。修理は全て自己責任でお願いします。

用意するものは、安いドライバーセット等に入っている先の尖った金属の棒1本だけ
ソケット部分を覗くと、向き合った2つの端子が見えます。
この2つの端子を、外側からほんの少しだけ内側に曲げるだけ
(力を入れすぎると曲がりすぎてしまい、二度と使用できなくなるので注意)

簡単ではありますが、端子部を真上から覗いた図を載せますので参考にして下さい
ACアダプター端子修理の図
見事復活しました
先の尖った金属の棒が無い人は、器用な人なら「つまようじ」で可能です
(純正のACアダプターはソケットまでの距離が深いので「つまようじ」では難しい)
但し、折れる場合があるので、できるだけ金属の棒を使いましょう

でも「つまようじ」で曲げられるほどのソケットを使用しているのもどうかと思いますけどね

もし、PSPが充電できない場面に遭遇した方は、この方法を試してみて下さい

なお、もう面倒だからACアダプターを買ってしまおう!って方は、
PSPが充電できなくなる度に純正品を買ってると高くつくので、
安いPSP充電用ACアダプターがおすすめです
※出力電流が小さいので急速充電には向きません
PSP-1000/2000/3000対応 海外使用可能 ポケットサイズACアダプターポータブル


出力電流の大きいACアダプターでは、某カーナビのACアダプターが流用できます
純正品は非常に高額ですが、互換品は比較的安く入手できます
パナソニック(Panasonic) ゴリラ 5V ACアダプターCA-PAC22D CA-PAC30FD 代用品

楽天でのACアダプター代用品検索結果

<充電器のお話>
PSPの充電器には、ACアダプタータイプ、USBタイプ、リチウム電池を用いたタイプ等があります
充電器を選択するうえで問題になるのは、各充電器の出力電流と、PSPの動作電流・充電電流になります

それぞれの数値は、

PSPの動作電流:約200mAから300mA(満充電されたバッテリーの駆動時間から計算)
PSPの充電電流:max約700mA

ACアダプタータイプの出力電流:2A
USBタイプの出力電流:max500mA

この数値からわかるのは、PSPで遊びながら充電も行う場合は、ACアダプタータイプ必須ということになります
USBタイプは安価ではありますが、動作電流を考えると充電電流は500mA-(200mAから300mA)と、
PSPで遊びながら充電も行うという用途には向いてなく、充電にかかる時間は非常に長くなります

用途としては、
ACアダプタータイプ:主として使用
USBタイプ:ACアダプターが使用できない時

となりますので、ACアダプタータイプとUSBタイプの2種類持っている人が多いようです

今年の秋口には、大容量のリチウム電池を用いたタイプで出力電流max1A
という充電器がSANYOから発売されました

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

別途USB充電ケーブルが必要ですが、他のモバイル機器にも使用できますので、
ACアダプターが使用できない時や外出時のエマージェンシー用として、
PSPを持ち歩くヘビーユーザーにはおすすめです

大容量でとにかく安いのがいい!!
という方にはモバイル用大容量バッテリーがおすすめ
バッテリー売れ筋ランキング




PSP | トラックバック:0 | コメント:111 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。