ゲームや家電、スカパーHDやLinkTheaterについてのブログです
今年はあまり欲しいゲームが無く、ほとんど買ってなかったんですが、
Just Dance Wiiだけは年初に発売が発表されてから必ず買おう、と思っていました。

JUST DANCE Wii

楽天市場でJUST DANCE Wiiの最安値を確認

発売前に収録曲が発表された時は、買わなくてもいいかな・・・と思ったものの、
CMが流れるたびに嫁さんが反応してるし、二人で踊ればもしかしたらかなり楽しいかもしれない、
と思い結局購入。

購入後、わざとらしく居間のテーブルの上に置いておいたら、
早速嫁さんが食いつきました。
意図的に食いついてきた可能性もありますが、物凄いガン見です。

「ダンスゲームに興味の無い女性は少ない」

自分の勝手な持論ですが、予想通りでした。
ダンスゲーム恐るべし、です。

カラオケへ行っても、男の場合はその場で黙って歌ってる場合が多いですが、
女性の場合は振り付きで歌ってる人も多いです。
たぶん女性は歌詞とメロディーと振り付けがセットなんでしょうね。

買ってから3週間ぐらい経過したのでレビューしてみます。

<微妙すぎる選曲について>

まず収録されている曲ですが、

[邦楽その他]
Choo Choo TRAIN/EXILE
→2004年第57位 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!岡村オファーがきましたシリーズ

Mickey (Hawaii version)/Gorie with Jasmine&Joann
→2004年第10位 フジテレビ系『ワンナイR&R』内の楽曲

One Night Carnival/氣志團
→BEST100圏外 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!「数取団」BGM

Sexy Girl/安室奈美恵
→アルバム収録曲 NHKドラマ『乙女のパンチ』主題歌

survival dAnce -no no cry more-/TRF
→1994年第7位 フジテレビ系ドラマ「17才-at seventeen-」主題歌

UFO/ピンクレディー
→1978年第1位

VALENTI/BoA
→2002年第65位 テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ

WON'T BE LONG/EXILE&倖田來未
→2006年第56位 全国カラオケ事業者協会推薦デュエットソング

Why?/東方神起
→2011年発売フジテレビ系テレビドラマ『美しい隣人』の主題歌

キューティーハニー/倖田來未
→2004年第62位 日本テレビ系映画『キューティーハニー』主題歌

ジャンピン/KARA
→2010年第77位 フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング

ヘビーローテーション/AKB48
→2010年第2位、2011年上半期カラオケリクエストランキング第1位

ミスター/KARA
→2010年第67位、2011年上半期カラオケリクエストランキング第2位

君にBUMP/ケツメイシ
→2004年第15位

恋のダイヤル6700/Dream5
→2011年発売、NHK『天才てれびくんMAX』内コーナーの曲

恋愛レボリューション21/モーニング娘。
→2001年第5位 フジテレビ系めちゃ2イケてるッ!岡村オファーがきましたシリーズ

[洋楽]
Crazy In Love/Studio Musicians
Dagomba/Sorcerer
Hot Stuff/Donna Summer
Jump In The Line/Harry Belafonte
Katti Kalandal/Bollywood
Rasputin/Boney M.
S.O.S./Rihanna
Toxic/The Hit Crew
U Can't Touch This/MC Hammer
Wannabe/Spice Girls
You Can't Hurry Love/The Supremes

[隠し曲]
マリオ

曲数が少なく、ラインナップがあまりにも微妙な感じです。
AKBの曲はカラオケに行くと聞かない日は無いぐらいに歌われているので、
ここらへんは良いと思いますが、全体的には広い世代をターゲットにするあまり、
中途半端になってしまっている印象。

ということで、本当に妥当性のある選曲なのかというのをほんの少し調べたのが、
上記の邦楽部分、→の右側部分です。
左から曲名/アーティスト名、その楽曲の年間総合シングルチャートランキング、選曲の理由?と思われる順です。

この内容から見えてくるのは、テレビ局とのタイアップ曲の多さでしょうかね。
以前はタイアップありきの時代もあったので、古めの曲であれば自然といえば自然なのですが、
最近の曲でタイアップしたにも関わらずその順位?という曲もあります。

もちろん年間チャートの上位曲にはダンスゲームに適さない曲もあるので一概に言い切れないのですが、
何か嫌な部分が見えてしまった気がします。

どうせなら思いきって曲数を削ってしまい、
北米版のように曲単位でダウンロード購入可能にしてしまった方が良かったと思いますが。
それも版権が絡むと日本の楽曲では難しいのかもしれませんね。
ちなみにこれの元になった北米版のJUST DANCE2は50曲近く収録されています。

Wiiの通信カラオケの場合は当然ストリーム配信なので、
チケットの購入代金の中から版権使用料が支払われると思いますが、
ストリーム配信を行うにはデータ量を考えると厳しいだろうし、
ダウンロード購入となるとそのぶん曲単価も高く、
振り付けにも著作権が存在するようになったようなので、
いろいろと障害があるのかもしれません。
振り付けがオリジナルと違う部分があるのもそのせいなのかな?
詳細はわかりませんが。

不思議なのはジャニーズ系の曲が1曲も無いこと。
(発売直前に1曲カット)
自分はあっても無くてもどっちでも良いのですが、一定数のファンによる購入が見込めるだろうし、
任天堂と言えば嵐ですから無い方が不自然です。

カットされた楽曲についても、肖像権についてはうるさい事務所ではありますが、
開発が決まった時点で任天堂が各方面に対し調整していないわけがありません。
既に楽曲のデータも出来上がりあとはデバッグ完了のみ、という段階だったのは間違いないところ。
それが直前にカットされたのは事務所の問題では無く、
何か全く違うところに原因があるように思えます。

良い方に考えるのであれば、
既に次回作の構想が始まっていてその中に入っている、
ということも考えられます。
そうで無ければ、何か大きな力が働いたのでしょうか。

<実際にプレイしてみて>

メニューに関しては元が洋ゲーらしく非常にシンプルです。
説明書を見なくても遊べますが、見ないと名前の登録方法がわからず、
「ダイヤ」とか変な名前で開始してしまうし、
持ち方がおかしいと点数もかなり低めに出るので、説明書は軽く目を通した方が良いです。

新しい名前の登録方法は、曲を選んだ後の参加画面で左上の名前部分(ダイヤ)をポイントし、
登録済みの名前を選ぶか新規に名前を登録するかします。

記録されるのは曲ごとにハイスコアと名前だけですが、
自分の名前を登録しておけば少しは張り合いが出ます。

プレイしてみると、

やっぱり楽しいです。

そして、意外にハードです。スタジオで口パクが多いのも納得です。

激しい曲を3曲ぐらい続けて踊ると息があがり、汗ダラダラ。
まだ全ての曲を踊ったわけではありませんが、
激しいのは邦楽ではMickey、洋楽ではRasputin。

上の方にも書きましたが、振り付けはオリジナルと全く同じというわけではありません。
気づいたのは嫁さんですけどね(振り付けを覚えてるのも凄いですが)。

時折画面が光って決めポーズの場面になるのですが、
曲によっては非常に難しいです。
コツは、決めポーズの前からあまり動きが無い場合は、
早めにポーズを決めても大丈夫ですが、
一連の動きがある場合は早めにポーズを決めてしまうとダメな感じなので、
タイミングが重要になってきます。
あとはリモコンを持っている手の角度でしょうか。

という事で、運動不足解消にはもってこいのゲームだし、
踊っていて楽しいです。

が!

やはり徐々に踊りたい曲しか選曲しなくなってくるので、
この曲数でこの選曲のせいもあって、飽きてきたところです。

飽きてきたとはいえ、踊って汗をかくとやっぱり楽しいんですが、
購入当初のようにほぼ毎日、というのは無くなってきました。

隠し曲であるマリオのダンスを早く見たいのですが、
こういう理由もあって未だにyoutubeの動画でしか見ていません。

逆にこれがダイエット目的の人なら、「飽き」は関係無いかもしれませんね。

<次作について>

次作があるかどうかは、これがヒットするかどうかによると思いますが、
もしあるのであれば、

曲単位でのダウンロード購入

これは是非導入して欲しいところです。
ただ、売れるかどうかわからないダウンロードコンテンツに開発費を割くことも、
曲数を揃えるのもかなり大変なので実現の可能性は低いかもしれません。

なので、これが不可能であれば多少価格をアップしてでも曲数を大幅に増やすかまたは、
完全にジャンル分けし世代ごとにターゲットを絞って数種類を発売、
もちろん収録曲はユーザーの意見をとりいれる、という形が必要なのではないでしょうか。

なんと言っても日本向けにローカライズされたJust DanceはWii版だけですし、
この差別化は相当大きなストロングポイントのはずなんですよね。
少なくとも今作ではそれを十分に生かしきれなかったように思います。

仮に今作と同じコンセプトで次作を発売しても北米版のような大ヒットは当然望めず、
過去の遺作となってしまうような気がします。

いずれにしても、大人も楽しめるダンスゲームとしては今までに無いタイプのものですし、
遊び方もシンプルで誰でも楽しめるゲームであることは間違いないので、
売れるも売れないもやり方一つだと思います。

Wii | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
どうやら来月のE3で詳細を発表、来年発売の運びとなるようです
1月8日の記事で、Wiiの次機種は今年の夏ごろに発表され、
年末までには発売されるだろうと予想しましたが、
発売時期に関しては思い切り外れでした

このところの据え置き機の販売台数は既にPS3が完全にWiiを抑えており、
7月には完全地デジ化(一部地域を除く)となることを考えると、
今年が最高のタイミングと思われたのですが。

海外では今月中にも現行機種の本体価格が、
マリオカートWiiとのセットで約150ドルへ値下げ。

現行機種の価格については現時点での在庫と今後の販売予測との兼ね合いになるので、
日本国内でも値下げされるかどうかはちょっとわかりません

さて、Wiiの次世代機の話ですが、日本国内のゲーム市場は海外とは全く別物で、
携帯ゲーム機が据え置き機を完全に凌駕している状態であり、
余程のインパクトが無い限り国内での苦戦は必死でしょう。
Wiiを発売した頃とは状況が違ってきています。

引き続きファミリー層を取り込みつつ、
据え置き機だからこそできることを更に高い次元でアピールする必要があります
欲を言えば、コアなゲーマー層をも惹きつけるものがあればいいんですがね
そこはやはりサードパーティーとの連携次第とも言えます

携帯電話やスマートフォンのゲームユーザーとも戦わなければならない、
みたいな記事をニュースサイトで見かけましたが、
これはほとんど関係ないような気がします

自分もたまにプレイしますが、出張中や外出中どうしようもなく暇な時の話で、
家にいる時にゲームをする時間があったら、迷わず据え置き機で遊びますからね
競合するような話では無いと思います
考察するとすれば、携帯電話やスマートフォンのゲームで満足している人たちを、
据え置き機に興味を持たせ更に取り入ることができるのか、といった所ではないでしょうか

携帯電話やスマートフォンのゲームアプリだけで遊ぶ人たちの中には、
据え置き機はおろか、PSPやDSといった携帯ゲーム機も持っていないという人もいます
とてもじゃないけどゲームなんか絶対しないだろうと思ってた人が、
携帯で遊んでてビックリする事もありますからね
そう考えると、ゲーム市場はまだまだ拡大の余地がありそうな気がします

さて、次世代機に関する最近の噂をまとめると、

・コードネームはプロジェクトカフェ
・もちろんハイビジョン対応
・ハードディスクは内蔵せず
・ゲーム用ディスクの容量は25GB
・コントローラーはWii同様モーションコントローラをサポートし、
 タッチスクリーンが使用される予定
・内蔵フラッシュの容量は8GB
・今まで通りSDカードへデータの保存が可能
・コントローラーのスクリーンに、テレビ画面と同じ映像が表示される
・コントローラーのスクリーン上で、様々な感触を感じ取れる
・3Dは対応しない
・本体価格は350から400ドル(約2万8500~3万2600円)

とりあえず3D未対応は朗報でしょう
現状を考えると3D対応がアドバンテージには成りえないし、
一年後に状況が変わっているとも思えません

Wiiについては相変わらずビッグタイトルの発売が無く、
Wiiのソフトの中で一番売れているのがマリオカートと言う良くわからない状況になっています
戦国BASARA3の廉価版が6月2日に発売、ぐらいでしょうか

この発表を機に、日本国内でもWiiの本体価格やソフトの価格を下げる等すれば、
少しは活気づきそのまま来年に繋がると思うんですけどね
一度離れた人を引き戻すのは、そう簡単な事では無いですよ?任天堂さん

Wii | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外で既に2作合計1000万本以上の販売数を記録しているWii用ダンスゲームのJust Dance
ついに今年、日本国内で発売される事になったようです

開発に任天堂が関わるらしいので、日本向けにローカライズされたものになりそうですね

つい最近ブリトニーの曲を一人こっそり激しく踊るお父さんの映像が、
youtubeにアップされ話題になっていたので目にした方も多いのではないでしょうか

アメリカのゲーム市場は日本のそれとは全く異なっていて、
ソフトの販売数は携帯ゲーム機より据え置き型ゲーム機の方が大きな市場となっています
しかもWiiの一人勝ち状態なので、Just Danceが売れるための下地は十分に整っていると言えるでしょう

日本でも同じように売れるかどうかですが、
コナミのダンスダンスレボリューションがいまいち振るわないものの、
バンダイナムコから発売された女の子向けのダンスゲームであるハッピーダンスコレクションが、
累計5万本超の大健闘

ハッピーダンスコレクションはパッケージを見た瞬間、
男だと店頭では恥ずかしくてとても買えないという、非常にもったいないゲームです
友人の家で子供が遊んでいるのを見たことがありますが、
万人が遊べるような内容・パッケージにすれば、
もっと売り上げを伸ばしていたのではないでしょうか

更に遡ると、1999年に発売されたPlayStation向けDance Dance Revolutionは、
累計127万本を売り上げており、Just Dance2が日本でミリオンを達成する可能性は十二分にあると言えます
CMに嵐を起用したらもっと凄い事になるかもしれません

任天堂から昨年発売されたWiiパーティは残念ながら期待外れの内容でしたが、
Just Dance2には結構期待しています

いったいどんな仕上がりになるのでしょうか

Wii | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
このエントリーをはてなブックマークに追加